ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

通信の”見える化”により ITリスクマネジメントを実現

  • 情報漏えい事故の調査・事件の解明
  • ネットワークの私的利用の防止・抑止

PacketBlackHole は、ネットワークからパケットをキャプチャし、Web・メールなどの利用状況を解析するネットワークフォレンジック製品です。
インターネットの出入り口のネットワークパケットをキャプチャし、会社に入ってくる情報や会社から出て行く情報を監視し蓄積します。情報漏えい対策としての「証拠」の確保・調査・解明ができ、記録した通信の解析、再現にて私的利用の監視および抑止が可能です。

  • 不幸にも情報漏えい事故が発生したとき、過去にさかのぼって、どんな情報がどこに漏れたかを調査することができます。
  • 情報を監視しているため、コンプライアンスに違反する通信があれば、違反する通信を管理者に知らせることができます。

PacketBlackHole は、一般企業から官公庁まで幅広く導入されています。

主な対象
情報を管理・保管する官公庁、製造業、金融業など
提供形態
ハードウェア
価格
お問い合わせください。

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

主な特長

ネットワークモニタリングによる情報の記録・保管

ネットワークのパケットをキャプチャして、情報を記録・保管します 。これにより、 情報漏えい事故の調査が可能となり、事故対応ルール、手順を整備することが可能になります。

連続して取得したパケット

連続して取得したパケット
画像を拡大する

検索条件指定によって調査対象の通信を容易に抽出可能

対象となる期間、IPアドレス、URLなどの多彩な検索条件を指定することで、調査対象の通信(メール、WEBアクセス)を容易に抽出することが可能です。また、検索条件に該当する通信を検知したとき情報管理者にアラートを出すことで、迅速な対応が可能となります。

検索機能画面とWEBメール抽出画面
画像を拡大する

不正の可視化

記録したパケットを元に、WEB閲覧、メッセンジャー利用、掲示板利用、動画閲覧などを再現することができ、業務とは無関係な利用または不正な利用を可視化することが可能です。また、通信内容を自動で分類し、さまざまな角度から分析したレポートを出力可能です。

レポート項目
レポート項目
画像を拡大する

レポート結果
レポート結果
画像を拡大する

主な仕様

PacketBlackHole のラインアップ・仕様などがご覧になれます。
(リンクをクリックすると、NetAgent社のページを表示します)

構成例

PacketBlackHole の構成例がご覧になれます。
(リンクをクリックすると、NetAgent社のページを表示します)

Q&A

PacketBlackHole についての「よくある質問」がご覧になれます。
(リンクをクリックすると、NetAgent社のページを表示します)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

社名ロゴ:NetAgent