ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

音声活用ソリューション

通話録音システム
RecwareX

全通話自動録音により、
内部統制/コンプライアンス対策・
顧客トラブル防止に貢献します。
各社PBX/CTIへアドオンで利用でき
取得した通話情報で検索が可能です。

業種

#コンタクトセンター #社内ヘルプデスク #問い合わせ受付 #予約受付 などのインバウンド業務

キーワード

#通話録音 #音声活用 #コンタクトセンター

全通話自動で確実に録音

*
特許取得:特許番号第5957249号

利用シーン:重要事項説明・不正などの確認

各社PBX/CTIにアドオンで利用可能

*
日時、各種番号、オペレーターID、保留回数/時間など

各社PBX/CTIにアドオンで利用可能

特長

欠損・欠落ゼロの音声データ録音を追及

充実した検索再生機能

通話検索・再生イメージ

  1. 豊富な検索キー(内線・お客様番号、日時、IDなど)で絞込検索。検索条件のお気に入り保存も可能です。
  2. 録音ファイルの再生のほか、通話中の音声も再生(追いかけ再生、モニタリング再生)できます。
  3. 再生コントロールを使って多彩な操作(再生速度可変、音量・音量バランス調整、シークバー、区間リピート再生)ができます。
  4. 音声の波形表示により再生ポイントを視覚的に把握できます。
    しおり機能で、改善・指導すべきやり取りやクレーム部分といった聞き返したい箇所にチェックがつけられます。

確実性の高い録音方式を採用

  • 呼制御に依存しないRTPキャプチャを行うため、通話録音にとってもっとも大切な、『全ての通話を録音』をより確実性の高い方式で実施可能
    ※全通話録音方式「特許第5014728号」

強力な自己監視機能により録音障害を早期発見

  • 通話数と録音件数を突き合わせ、整合性をチェックすることにより取り漏れをキャッチ
  • 送話・受話音声ファイルのサイズをチェックし、障害を素早く検知

音声データと同時にオペレーターPCの操作画面を録画可能

  • FAQ検索やCRM操作など、オペレーターの操作画面を記録し業務改善に利用可能

音声データと同時にオペレーターPCの操作画面を録画可能

録音データへのアクセス権限を自在に設定

録音データへのアクセス権限を自在に設定の図

セキュアな録音データ管理

スケーラビリティー

クラウド管理者向け機能

幅広い適用範囲

レガシー電話、携帯電話の録音を統合管理

レガシー電話、携帯電話の録音の統合管理の概要図

大規模システムへの導入実績

可用性と合理的なライセンス形態

サポート

システム構成

  • RecwareXを使用したシステムの概略構成は、下図の通りです。

RecwareXを使用したシステムの概略構成図

関連商品

  • 当社製品のPBX(CX-01)、CTI(iCTNET/IX)、音声認識(Recware/SA)とシームレスに連携しワンストップで提供します。

関連商品との連携の概要図

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください