ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

日立マルチコミュニケーションシステム S-integral - 多様なネットワークに対応するSmartコミュニケーションを実現

多様なネットワークに対応するSmartコミュニケーションを実現

日立マルチコミュニケーションシステム「S-integral」は、スタイリッシュな多機能電話機による発着信、スマートフォンやPCをはじめとする各種システム・サービスとの連携により、様々なシーンでの業務効率向上、コスト削減、安心・安全の向上をサポートします。

S-integralの電話機(黒/白)

主な特長

【S-integral】【S-integral Legacy Edition】共通

[電話機がSmart]スタイリッシュなデザインに使いやすさを満載:・見やすい表示機能・補聴器を使っている方も快適な通話・電話帳と履歴表示で発着信を効率化

[着信対応がSmart]状況や優先度に応じた柔軟な応対方法で、業務の効率を向上:・発信者の番号情報で電話応対の効率向上・着信/分配の自動対応・夜間や休日なども最適な対応を・通話を記録に残す・発着信データの管理や活用も

[連携機能でSmart]各種サービスやシステムとの連携により電話以外のコミュニケーションもサポート:・各通信事業者のサービスに対応・IPネットワークでコスト削減と業務の効率向上・日常業務に役立つ便利機能・業務システムおよび機器との連携

【S-integral】のみ

[連携機能でSmart]各種サービスやシステムとの連携により電話以外のコミュニケーションもサポート:・各通信事業者のサービスに対応・IPネットワークでコスト削減と業務の効率向上・日常業務に役立つ便利機能・業務システムおよび機器との連携

[モバイルでSmart]モバイル端末との連携により業務をスムーズに:・スマートフォンが内線に・携帯電話網を利用してモバイル端末を内線化・ブラウザを使って電話帳や留守録にアクセス・多彩なワークスタイルをサポート

製品のCO2の見える化 CFP(カーボンフットプリント)宣言認定を通じて「COOL CHOICE」を応援しています。

CFPマーク

S-integralは、一般社団法人 産業環境管理協会が認定するCO2の見える化CFP(カーボンフットプリント)検証に合格し、CFP宣言認定を取得した製品です。

詳しくはこちら(新規ウィンドウを表示)

COOL CHOICEマーク

「COOL CHOICE」は、温室効果ガスの排出量を削減するために、政府が展開している国民運動です。当社はCOOL CHOICEに参加しています。
CX-01は、自社従来機種比で製品あたりのCO2排出量を削減しているCFP宣言認定製品です。CFPプログラムを通じてCOOL CHOICEを応援しています。

以下をクリックすると、CFPプログラム ホームページの「COOL CHOICEとCFPプログラム」のページを表示します。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

ヒアリングエイド対応

S-integralの標準電話機は、誘導コイル付補聴器をお使いの方が聞きやすいヒアリングエイド対応です。