ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

大崎ソリューション
協創センタ

Osaki Solution Co-Creation Center

膨大な生産データの見える化と
AI連携による
工場IoTソリューションも紹介

大崎ソリューション協創センタは、ネットワークインフラの課題解決、実証ができるだけではありません。AIと工場IoTの連携によって、製造現場の課題を発見、解決することを支援します。

大崎ソリューション協創センタ内に、実際の工場と同様に動かすことができるミニチュアの製造ラインを設置しました。この製造ラインには、監視カメラや各種センサーが取り付けられているため、実際の現場にあるような課題やテコ入れが必要な箇所を発見し、改善ポイントを明確にすることができます。

それぞれの工程をシミュレーションしながら、そこで発生する多様な生産データの見える化とAI連携による工場IoTソリューションを、ぜひこの大崎ソリューション協創センタでご体験ください。

また、製造現場の見える化や統合管理が実現すると、これまで生産ラインで閉じていたネットワークが工場内のほかのエリアや社外との接続が必要となるため、セキュリティ確保がとても重要となります。デモラインを流れるデータを当社のセキュリティソリューションで監視し、脆弱性検出やその対処も体験・検証いただくことが可能となります。

単なるショールームではない
「課題解決を実践」できる場

3つの空間やミニチュア製造ラインのデモ環境など、大崎ソリューション協創センタは単なるショールームではないということをご紹介いたしました。

お客さまに寄り添い想いを実現する「協創」と日立情報通信エンジニアリングの豊富な現場経験を融合した全く新しいこの施設にお越しいただき、ネットワークインフラやIoTソリューションの課題解決を実践できる場としてご活用ください。

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください