ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

本体仕様

型番 CCUA*1 CCUB CCUC CCUD
外観 CCUA CCUB CCUC CCUD
回線容量*2
(IP構成は
下表を参照)
総ポート数 48 192 288 384
局線 アナログ局線 (L) 48 128 192 256
INSネット64 (L) 24 64 96 128
INSネット1500(L) 2 16 24 32
IP電話直収 (CH) 32 64 96 128
専用線 OD (L) 16 32 48 64
LD (L) 16 32 48 64
内線 多機能電話機 48 128 192 256
一般電話機 48 128 192 256
ハンドルコード
レス電話機
20(多機能電話機の内数)
PHS 接続装置
(親機)
16 48 72 96
端末
(子機)
500(ラインキー付は200)
交換方式 制御方式 蓄積プログラム制御方式
通信路方式 時分割PCM 方式
トラヒック
容量
1内線あたり 6HCS
電源装置 入力電圧 AC100V±10V(50/60Hz)
環境条件 温度 0〜40℃
湿度

10〜90%(結露なきこと)

主装置寸法
および質量
幅(mm) 400
高さ(mm) 390
(640)*3
780
(1030)*3
1170
(1420)*3
1560
(2060)*3
奥行き(mm) 250
質量*4 (kg) 13.5
(20.5)*3
27.0
(34.0)*3
40.5
(47.5)*3
54.0
(68.0)*3

技術基準適合認定番号:ACDE16-0003001

*1
IP構成はCCUB以上になります。CCUAで稼動後、IP構成を行う場合は、CCUB以上への変更が必要となります。
*2
組み合わせやオプションの実装により最大数は変わります。
*3
( )内は、バッテリーキャビネット実装時の最大値です。
*4
蓄電池質量は含みません。

IP構成時の回線容量

型番 IPCNT+CCUB IPCNT+CCUC IPCNT+CCUD
回線容量*1 総ポート数 400 496 511
局線 アナログ局線 (L) 96 160 224
INSネット64 (L) 48 80 112
INSネット1500(L) 12 20 28
IP電話直収 (CH) 48 80 112
専用線 OD (L) 24 40 56
LD (L) 24 40 56
内線 多機能電話機 96 160 224
一般電話機 96 160 224
ハンドルコードレス電話機 20
PHS 接続装置
(親機)
32 56 80
端末
(子機)
500(ラインキー付は200)
内線IP IP多機能内線 256
SIP端末 256
IP対応PHS接続装置 64
*1
組み合わせやオプションの実装により最大数は異なります。
*
防水対応事業所用PHS「HI-D8PS WP」は、電池カバーや外部接続端子カバーが確実に閉じた状態 で、IPX5/IPX7の防水性能を有しています。IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの 距離から約12.5リットル/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電 話機としての機能を有することを意味します。IPX7とは、常温で水道水、かつ静水の水深1mのところ に電話機を静かに沈め、約30分間放置後に取り出したときに電話機としての機能を有することを意 味します。耐水圧設計ではありませんので、高い水圧で水をかけたり、長時間水中に放置したりしない でください。実際の使用にあたって、すべての状況での動作を保証するものではありません。
装置設置後3年を目安にバッテリー(鉛蓄電池)の交換が必要になります。バッテリーの充放電回数が多いとさらにバッテリーの寿命が短くなります。
事業所用PHSの電池パックは消耗品です。使用頻度にもよりますが、約1年程度ご使用になれます。長時間 充電してもすぐに電池の残量が少なくなる場合は新しい電池パック(別売品)に交換してください。
本製品には有寿命部品(電源パックなど)が含まれています。本製品の安定稼働期間は製品納入後6年です。
海岸の近くや直接潮風があたる場所、温泉地の硫黄環境への設置は避けてください。塩害などにより製品 寿命が短くなります。(設置する必要がある場合は、担当営業または販売店に事前にご相談ください。)
本製品を最適な状態でご使用いただくため、定期点検などによる予防保守が重要です。
またBCP(事業継続計画)の観点から保守契約をお願いしております。保守サービスに関する詳細内容については、担当営業または販売店にお問い合わせください。

NETTOWER MX-01の製品情報

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。