ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

セキュリティ改革ソリューション

アドバンストセキュリティ
ソリューション

シスコ社のセキュリティ製品で
ネットワークシステムをより堅ろうにします

昨今のサイバー攻撃は、システムの規模を問わず特定の企業や組織を標的にした攻撃となり、高レベルのセキュリティ施策を講じることが必須になってきています。

シスコ社は、ネットワークシステムの基本的なセキュリティ対策として「エンドポイント対策(Cisco AMP*1 for Endpoints)」「入口対策(Cisco Firepower)」「出口対策(Cisco Umbrella)」をサポートしています。

これらのセキュリティ対策は「Cisco Talos」と連携できるので、常に最新のセキュリティ情報で対策することができます。

一歩進んだセキュリティ製品で、ネットワークシステムをより堅ろうにします。

*1 AMP:Advanced Malware Protection

抱えている課題

今のセキュリティ対策だけで本当に十分ですか?

  • 今のアンチウイルスソフトウェアで最新の脅威に対応できているか不安だ

  • ファイアウォールだけでは防げない攻撃の対策がわからない

  • 不審なサイトや悪意のあるサーバーへの接続を防ぎたい

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

「エンドポイント対策」「入口対策」「出口対策」で社内ネットワークを守ります

Cisco AMP for Endpointsによる「エンドポイント対策」

「エンドポイント対策」のCisco AMP for Endpointsは、クライアント端末へのマルウェア侵入を阻止するとともに、万が一侵入された場合には事後対応として「検知→隔離→分析→復旧→再発防止」のEDR*2にも貢献します。Cisco AMP for Endpointsは、「Cisco Talos」と連携しているので、常に最新のセキュリティ情報で対策することができます。

詳しくはこちら

*2 EDR:Endpoint Detection and Response

次世代FW・IPS機能を持つCisco Firepowerによる「入口対策」

「入口対策」のCisco Firepowerは、外部からの不正アクセスよる侵入・攻撃を防御します。

ファイアウォール機能に加え、次世代IPS*3機能を搭載しており、脆弱性をつく攻撃やDOS*4攻撃など、多様な脅威に対して包括的な防御が可能になります。Cisco Firepowerは、「Cisco Talos」と連携しているので、常に最新のセキュリティ情報で対策することができます。

詳しくはこちら

*3 IPS:Intrusion Prevention System
*4 DOS:Denial of Service attack

クラウド型セキュリティDNSのCisco Umbrellaによる「出口対策」

「出口対策」のCisco Umbrellaは、クラウド型セキュリティDNS*5であり、DNSを利用するすべての通信とポートが検査・保護対象になります。接続先を管理することで、悪意あるサイトや未許可サービスへの接続を防止します。Cisco Umbrellaは、「Cisco Talos」と連携しているので、常に最新のセキュリティ情報で対策することができます。

詳しくはこちら

*5 DNS:Domain Name System

「入口・出口・エンドポイント」に対するセキュリティ施策のアップグレードで解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください