ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

次世代サーバーソリューション

HCI
(ハイパーコンバージド
インフラストラクチャ)
ソリューション

サーバーだけでは解決できない問題点を
ネットワーク側から解決するHCI

今やビジネスにおいてIT基盤はなくてはならない存在になり、事業の方向性、規模に合わせて柔軟に拡張できることが求められてきています。しかし、IT基盤の中核ともいえるサーバーシステムはサーバー、ネットワーク、ストレージで複雑に構築されているばかりか、専門知識を持った技術者不足などもあって導入、拡張に大幅な時間を要し、ビジネス推進の足かせになってしまっています。

シスコ社のHyperFlexは、サーバーとストレージを融合した従来のHCIにネットワークを統合することで全体の構成をシンプルにし、管理のわずらわしさを軽減します。さらにビジネス推進に追従できる俊敏性と柔軟な拡張性を兼ね備えた、次世代型のHCIソリューションです。

抱えている課題

サーバーがビジネス推進の足を引っ張っていませんか?

  • サーバーシステムの導入、拡張のスピードが不足しており、ビジネス規模拡大の足かせとなっている

  • サーバー、ストレージ、ネットワークに対応可能な幅広い知識を持つ管理者が不足しており導入や運用管理が困難

  • サーバーシステムの規模が想定される将来のビジネス規模とかけ離れ投資が過剰にならないか不安

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

サーバーシステムにおける経営視点の過不足を解消します

導入のスピード不足を解消するシンプルな構成

サーバー、ストレージ、サーバーシステム外のネットワークそれぞれの接続をすべてFabric Interconect(FI)に統合することで物理構成をシンプルにし、大量の配線による作業時間が削減できます。また、ESXiやネットワーク設定など、インストールするパラメータを事前にテンプレート化し、機器設置後にFIから一括でインストールできるため導入作業が単純化し、迅速化と作業ミス軽減が可能です。

サーバー、ストレージ、ネットワークを一括管理し管理のオーバーヘッドを解消

従来のHCIはストレージの専門知識が無くても運用管理を可能にしていますが、サーバー間がネットワークで接続されている以上、運用管理にネットワーク管理者も携わる必要がありました。HyperFlexはネットワークも含めた統合管理機能によってサーバー管理者がサーバーシステム内のネットワークを管理可能であり、運用管理を効率化できます。

柔軟かつ容易なスケールアウトで過剰な投資を抑制

HyperFlexは、FIに接続するだけでさまざまな要素を拡張できる柔軟な構成になっています。単純に規模を拡張するならHyperFlexノード本体を、ストレージならば外部ストレージを、処理性能ならばCPU専用ノードを、といった形で必要となる要素のみを適切にスケールアウトできます。これにより、スモールスタートで導入し、ビジネスの成長規模に合わせて無駄なく投資することが可能になります。

「ネットワークまで統合したハイパーコンバージドインフラ」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください