ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

ネットワーク改革ソリューション

高速高密度無線LAN
ソリューション

次世代の無線LANが
新たなビジネスシーンを広げます

IoTの普及によるネットワーク接続端末の増加とネットワーク利用の多角化に伴い、より高速な無線LANが求められている。

このような時代に必要とされる無線LANは、新規格のWi-Fi 6 となります。

Wi-Fi 6 の特長としては、高速かつ低遅延、高密度環境の対応などがあります。Wi-Fi 6 を導入することで、ストレスなく通信できるようになり、無線LANの新たな活用シーンや利便性向上などが実現します。

抱えている課題

現行の無線LAN環境に不満はありませんか?

  • ビデオ会議が高画質になり現行の社内無線LANでは通信が安定しない

  • Wi-Fiの利用者が密集すると通信が頻繁に切断される

  • 現行のWi-FiからWi-Fi 6 へ切り替え時に業務に影響を与えたくない

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

次世代の無線LAN規格Wi-Fi 6 は、より高速かつ低遅延で高密度環境を実現します

Wi-Fi 6 は通信速度が高速かつ低遅延

次世代の無線LAN規格であるWi-Fi 6 は、高速かつ低遅延に強化され、従来より安定したネットワーク通信を可能にします。Wi-Fi 6 により、緻密な制御が必要となるミッションクリティカルな業務への活用など利用シーンが広がります。

Wi-Fi 6 は高密度環境にも対応可能

Wi-Fi 6 は高密度環境への対応力が強化され、接続端末が多くてもストレスなく通信ができます。

混みあうカフェや人が集まるスタジアムなど、さまざまなシーンにも活用ができるようになります。

Wi-Fi 6 は従来のWi-Fi規格と互換性があるので段階的に導入が可能

Wi-Fi 6 を利用するには、アクセスポイントと端末の双方をWi-Fi 6 対応にする必要がありますが、Wi-Fi 6 は従来Wi-Fi規格との互換性があり、新旧機器の混在が可能になるのでWi-Fi 6 対応のアクセスポイントに従来Wi-Fi端末を接続することが可能です。

従来Wi-Fi端末を順次Wi-Fi 6 対応の端末に切り替えていくことで、Wi-Fi 6 を段階的に導入することができます。

5Gの弱みをWi-Fi 6 で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください