ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

改革のための製造業向けソリューション

工場向けネットワーク
基盤ソリューション

工場内のデータを安全に共有できる
ネットワーク環境を構築します

工場向けネットワーク基盤ソリューション

業種

#製造業

キーワード

#IoT #効率向上 #Wi-Fi

製造業分野では、自動化による省力化や高い競合優位性を目的として、IoTやAIの導入が注目されています。

IoTやAIの導入には、セキュリティ対策が不十分なOTゾーン(製造現場)とITゾーン(オフィス空間)との通信が必要となります。本課題に対し、ネットワークスペシャリストによる「工場ネットワーク標準モデル」をもとに、OTゾーンとITゾーンの間に緩衝ゾーンとして産業DMZを設け、安全にデータ共有ができるネットワーク環境を提案、設計、構築します。

抱えている課題

工場ネットワークのセキュリティ対策は十分ですか?

  • 基盤となるネットワークが整備されておらず、設計構築のノウハウ、リソースがない

  • ネットワーク接続によって高まるセキュリティリスクに対応できる知見がない

  • 製造現場のネットワーク機器の故障が多い

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

ネットワークスペシャリストによる最適なネットワーク基盤を提案

現実的な導入プランを提案

お客さまの既存設備や運用状況に即した現実的な導入プランを「工場ネットワーク標準モデル」をもとに、ネットワークスペシャリストが検討し、最適なネットワーク基盤を提案します。

必要なセキュリティレベルに応じた最適なネットワークを設計

OTゾーンとITゾーンの接続の際に考えられるセキュリティリスクを加味して、OTゾーンとITゾーンとの間に緩衝ゾーンとして産業DMZを設けるなど、必要なセキュリティレベルに応じた最適なネットワークを設計します。

製造現場の環境にも対応

通常より広い範囲の温度、振動、衝撃、サージ電圧、ノイズに対して、高い耐環境性を有した産業向けネットワーク機器をラインアップしています。これらのネットワーク機器を導入することで製造現場の環境にも対応することができます。

ネットワークのスペシャリストによる「工場ネットワーク標準モデル」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください