ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

IPテレフォニーソリューション

クラウド型PBX

クラウド型PBXのイメージ:在宅でスマホ、仕事とプライベートのメリハリ、録音でCS向上

新常態(ニューノーマル)時代となり、多くの企業においては環境変化の中で事業継続に対する重要性が高まっています。働く場所についても、これまでのオフィス中心から自宅やサテライトオフィスでのテレワークの利用が増えており、それに合わせたコミュニケーション手段の速やかな導入が求められています。このようなテレワーク環境の中でも、電話応対業務における顧客満足度の向上やコンプライアンスの強化などが必要です。

クラウド型PBXは、オンプレミスに比べて導入費が低減でき、災害や社会的環境の変化などでサテライトオフィスの構築が必要になったときに短期間で導入できます。またオフィスの代表電話や部署毎の外線着信を、場所を選ばず、どこにいてもスマートフォンで応答することが可能です。さらに外線・内線通話を録音、通話音声をテキスト化することで、通話内容の確認やキーワードの検索が可能となり、企業が取り組む顧客満足度の向上とコンプライアンスの強化を支援します。

主な特長

オフィスへの電話をスマートフォンで応答して、ニューノーマルな働き方を実現

課題
  • 外出中、テレワークだとオフィスにかかってきた重要な電話がとれない。
  • 働き方にかかわらずオフィスにかかってきた電話に応答できる手段がない。
解決

スマートフォン内線なら、オフィスにかかってきた電話を直接スマートフォンに着信させることができます。
場所を選ばずオフィスの電話がとれます。

ニューノーマルな働き方を実現イメージ

在宅勤務やオフィスで顧客満足度の向上を実現

課題
  • お客さまとの通話で聞き間違い、誤認識してお客さまからの信頼を失った。
  • お客さまとの通話を間違いなく記録する手段がない。
解決

クラウド型音声活用なら、お客さまとの音声通話を録音して、PCから何度でも聞き直すことができ安心安全のビジネスができます。

在宅勤務やオフィスで顧客満足度の向上を実現のイメージ

環境や事業規模に合わせて最適なコミュニケーションを実現

課題
  • サテライトオフィスのコミュニケーション手段は急には構築できない。
  • 電話設備の導入工事は時間を要する。
解決

クラウド型PBXなら設置機器も少なく導入期間を大幅短縮できます。
オフィスの集約、分散、規模の変更など柔軟なオフィス設計が可能です。

環境や事業規模に合わせて最適なコミュニケーションを実現のイメージ

関連商品

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください