ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

PBXの各種機能により、業務の効率化とコスト削減を実現します。

携帯電話連携

内線で発着信するFMCサービスを利用可能

FMCサービス網との接続により、外出先の携帯電話からも内線番号で発着信できるFMCサービスを利用できます。社内外間の通話に定額料金の内線を利用することで、通話コストを削減できます。

利用可能なサービス

  • KDDI:ビジネスコールダイレクト
  • NTTドコモ:オフィスリンク
  • ソフトバンク:ホワイトオフィス

携帯電話連携の概要

IP電話サービス

「ひかり電話」対応でIP電話も利用可能

NTT東日本、NTT西日本の「ひかり電話」に対応し、ご使用中の電話番号を変えることなく、IP電話を利用可能です。同一キャリア内の無料通話や格安な通話料金サービスが利用できるようになります。停電時のバッテリー動作での利用も可能です*1

利用可能なサービス

  • NTT東日本、NTT西日本:ひかり電話、ひかり電話A(エース)、ひかり電話オフィスタイプ、ひかり電話オフィスA(エース)
  • 楽天コミュニケーションズ:FUSION IP-Phone
  • KDDI:KDDI-IPフォン、KDDI光ダイレクト
*1
NTT東日本ひかり電話オフィスタイプ、ひかり電話オフィスA(エース)に対応する小型ONUが対象になります。

迷惑電話お断り

次回以降の着信をシャットアウト

迷惑電話番号を登録することで次回以降の着信をシャットアウトし、業務の妨げを排除します。

迷惑電話お断りの概要

発信規制

勧誘拒否のお客さま等への発信を規制

勧誘を拒否したお客さまの電話番号を発信規制登録することで、改正商品取引所法で禁止されている再勧誘を防止することができます。

発信規制の概要

省エネルギー対応

タイマーで切り替えられる節電モードと省電力設計

業務時間外は内蔵タイマーで多機能電話機の稼働台数を減らせます。また、一定時間無操作の場合、バックライトなどを自動消灯し、節電できます(多機能電話)。

最新の省電力部品の採用により、従来機種に比べて省電力化を実現しています。従来機種から移行することによって電力を削減できます。

省エネルギー対応の概要

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。