ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

セキュリティ改革ソリューション

適応型境界セキュリティ
ソリューション

システム構成に適応した境界セキュリティで
高度化したサイバー攻撃を防御します

近年のサイバー攻撃の手口は巧妙かつ高度で、価値の高い情報資産を狙った犯罪被害は深刻化しており、情報セキュリティ対策は重要な経営課題となっています。

Cisco Firepowerは、Cisco Talosとの連携により常に最新の脅威に対応するので、高度化したサイバー攻撃も防ぐことができます。また、流れる通信から端末の情報を可視化することで、「事前対策」「境界防衛中の対応」「侵入・感染後の対策」が実現でき、効果的な対応で運用管理者の負荷を大幅に削減します。

抱えている課題

ファイアウォールの境界防御だけで安心していませんか?

  • 機器構成や通信内容が把握できておらずリスクへの対策ができない

  • ゼロデイ攻撃(防御方法がわかっていない時点での攻撃)などの巧妙なサイバー攻撃を防ぐ手段がない

  • 攻撃、侵入されてしまったときに十分な対応ができず発見、対処が遅くなってしまう

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

境界の防衛だけでなく「事前対策」「境界防衛中」「侵入・感染後の対策」の各フェーズで高度化するサイバー攻撃の対策に貢献します

ネットワークの現状を把握することでセキュリティリスクへの事前対策を容易に

流れる通信からCisco Firepowerが収集した脆弱なOSや危険なアプリケーションなどの情報をCisco FMC*1が蓄積・可視化します。これにより運用管理者は、潜在的なリスクを洗い出し、事前にサイバー攻撃に備えることができます。

また、蓄積した情報をもとに、現状のシステム構成を防御するために必要な攻撃検知ルールの調整を自動で行うので、不要なアラートを減らすことができます。

*1 FMC:Firepower Management Center

常に最新のセキュリティ情報でさまざまな脅威に対応

Cisco Firepowerは、Cisco Talosとの連携により、常に最新の脅威情報をもとにしたセキュリティ対策をとることができます。さらにクラウド上のサンドボックスによって、未知の攻撃まで考慮した境界防御が可能になります。

また、アラートの危険度を判定して優先すべき事象を明確にすることができるので、運用管理者は迅速に対応することができます。

侵入・感染後でもマルウェアの感染範囲を特定

Cisco Firepowerは、万が一マルウェアに侵入された後でも、過去にさかのぼってマルウェアの感染範囲を自動で特定することができます。これにより、運用管理者は速やかに対策に移ることができます。

また、Cisco AMP for Endpointsと組み合わせることで、感染の原因を明確にし再発防止につなげることができます。

「最新の脅威情報と社内の端末情報に適応する境界防御」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください