ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

セキュリティ改革ソリューション

ネットワーク通信
振る舞い検知ソリューション

ネットワーク内を常に監視することで
普段と異なる動きをする
不審な端末を早期発見

近年のサイバー攻撃は、組織犯罪化によって巧妙化が進み、外部からの侵入を完全に防御することが困難になっています。こうしたサイバー攻撃に対処するには、ファイアウォールなどの境界防御やアンチウイルスソフトウェアなどの端末防御といった従来のセキュリティ対策では不十分であり、感染・侵入されても検知が可能な対策が求められています。

Cisco Stealthwatchは、ネットワーク内を常に監視することで普段と異なる動きをする不審な端末を早期発見し、被害が拡大する前の迅速な対応を可能にします。

抱えている課題

侵入したマルウェアや内部犯行者の不審な挙動を把握していますか?

  • 未知のマルウェアは従来のファイアウォールやアンチウイルスソフトウェアで検知できない

  • 内部関係者による犯行の対策を強化したい

  • 既存のサーバーや端末に対策用のソフトウェアを追加したくない

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

ネットワーク上で普段と異なる不審な通信や振る舞いを検知し、見えなかった内部の脅威を発見します

ネットワーク全体の通信を解析し、侵入されたマルウェアも検知

Cisco Stealthwatchは、ネットワーク上の通信の振る舞いを解析して内部脅威を可視化するので、ファイアウォールやアンチウイルスソフトウェアで検知できずに侵入を許してしまったマルウェアも検知できます。

内部関係者による不審な挙動も検知

内部サーバーから外部へのデータ送信やダウンロード数が急激に増えているなど、ネットワーク内で普段と異なる怪しい動きを発見することができるので、マルウェア感染だけでなく内部関係者による不審な挙動も検知が可能です。

エージェントレスでネットワーク内部を監視

ネットワーク機器からログを収集してCisco Stealthwatchが統計・分析をするため、端末にソフトウェアを追加する必要はありません。

「感染・侵入」されても内部活動を検知する「内部対策」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください