ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

環境変化に適応する
脅威対策

ゼロトラストセキュリティ

ゼロトラスト
セキュリティとは

ゼロトラストセキュリティとは、「ネットワークを利用するユーザー・デバイスは信頼(トラスト)できない」ことを前提に、情報へのアクセスごとにユーザー・デバイスの安全性(セキュリティ)を確認する考え方です。情報資産やサービスなどの「守るべきもの」を効率的に守ることを重視しながら、セキュリティ強化と利用者の自由度向上の両立が容易になる、新しいセキュリティのカタチを提供します。

働き方や業務環境の変化

働き方や業務環境の変化

クラウドサービスの利用やリモートワークの普及などによって、これまで安全とされていた社内と、危険とされていた社外との「境界」があいまいになってきています。これらの変化に追い付けていない、例えば社外で使用するデバイスの管理不行き届き、クラウドサービスの利用状況把握が不十分、などといった「隙」を狙った攻撃が増加しています。また、社内外のやり取りが増加し、境界にかかる負荷が増大していることも、ネットワーク管理者の頭を悩ませています。セキュリティについて、新しい考え方への移行が必要になってきているといえます。

ゼロトラストセキュリティで解決すること

ゼロトラストセキュリティで解決すること

ゼロトラストセキュリティに基づいた対策は、働き方や業務環境の変化に対しても柔軟に対応し、脅威から守るべきものを適切に守ります。これは、なりすましなどの従来の対策では防御が困難であった脅威への対策のみならず、セキュリティとシステム利用者の利便性の両立、クラウドサービスへのスムーズな移行などのさまざまなメリットが生まれます。

ゼロトラストセキュリティのさまざまなメリット

“お客さまとの協創”による
ゼロトラストセキュリティ

ゼロトラストセキュリティは決まった形があるわけではなく、ネットワーク環境や業務内容、取り扱っている情報などによってさまざまな解があります。 当社のゼロトラストセキュリティは、事前のコンサルティングから導入、運用までを一貫で提供し、お客さまのビジネス上の「目的」達成を最優先に考えます。お客さまの経営課題に寄り添い、「協創」することによって、イノベーションの実現を継続的に支援します。

お客さまのビジネス上の 「目的」 を見失わないための3つのポイント

「目的」と適切な手段をともに探る、協創空間と専門チームによるセキュリティアセスメント

サイバー攻撃手法の巧妙化、クラウドやテレワークなどによるビジネス環境の多様化によって、セキュリティ対策も複雑になってきました。当社は、協創のための空間、大崎ソリューション協創センタを活用し、お客さまと同じ視線になることで、本質的な課題解決のお手伝いをします。

「目的」の達成を確実にする、実績と体制によって支えられたインテグレーション

日立基準の品質管理と、グローバルな実績を持つシスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)による定期審査をクリアした万全の体制を整備しています。社会インフラや金融機関など、大規模、ミッションクリティカルなシステムにも携わってきた経験を生かした導入・構築を行います。

「目的」のための手段の持続力を強化する運用サービス

日々巧妙化されるセキュリティリスクへの対応や、新たに導入した製品の知識習得など、セキュリティ対策の継続においては人的リソースの確保が大きな課題です。当社は、全国規模でネットワーク運用保守に携わってきたノウハウを基に、セキュリティ運用サービスも提供しています。

ゼロトラストセキュリティの運用サービス

関連情報

関連サービス一覧

セキュリテイアラート監視サービス

お客さまのセキュリティ運用における専門技術者不足の解消、サイバー攻撃への迅速な対応を支援する 「セキュリティアラート監視サービス」 の紹介動画です。シスコシステムズ社セキュリティ商材のアラートの監視、調査、および詳細報告書をご提供するサービスです。

関連製品一覧

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

シスコ製品

その他製品

関連ニュースリリース

2021年2月8日

[関連ソリューション]一覧

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください