ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

オフィス環境改革ソリューション

BYOD環境接続管理
ソリューション

「きめ細かな属性ごとのアクセス管理」で
働き方改革を実現します

働き方改革に伴い、時間や場所の制約を受けない柔軟なワークスタイルを導入する企業が増えています。

これによって、個人所有のノートPCやスマートフォンなどさまざまなデバイスを働く場所や時間帯によって柔軟に使い分ける必要性がでてきています。ポリシーベースの認証サーバーであるCisco ISEは、きめ細かな属性ごとのアクセス管理が可能であり、BYOD導入におけるセキュリティや運用管理の課題を解決します。

抱えている課題

BYODを導入することによるセキュリティへの不安はありませんか?

  • リモートワーク拡大にともない多様な端末を使用したいが、セキュリティ対策ができていない

  • 個人PCから社内ネットワークにアクセスすると機密情報漏えいのリスクが高まる

  • 利用可能な端末の幅を広げたいが登録作業など運用管理リソースが足りない

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

セキュアで細かなアクセス管理を実現するCisco ISEで運用管理者の負荷軽減と働き方改革の推進が可能です

自由度を高めながらセキュリティ強化

Cisco ISEは、ネットワークにつながったデバイスを自動判別して、MACアドレスやネットワーク上に流れる有用な情報を記録します。デバイス数や種類の分布などがわかりやすく見える化できるほか、接続する端末の種類や脆弱性を接続の認証における条件として設定することができます。

Cisco ISEの導入により、接続デバイスの可視化やリスク端末の排除など、自由度を高めながらセキュリティ強化ができます。

同じIDであってもアクセス先をコントロールすることが可能

「誰が、いつ、どこで、何を、どのように」使うことができるのか、柔軟に組み合わせてアクセスルールを作成することができます。例えば「あるユーザーが所有する複数の端末に対して、端末ごとに異なるルールを設定する」など細かな条件を作成できます。

これにより、同じIDであってもアクセス先をコントロールすることができます。

ゲストアカウントの作成権限を運用管理者以外にも与えて負荷を軽減

Cisco ISEは、ゲストアカウントの作成権限を運用管理者以外にも与えることができます。

権限を与えられた者は、アクセス可能範囲を限定したゲストアカウントを発行することができます。これにより、運用管理者の負荷が軽減されます。

きめ細かな属性ごとのアクセス管理で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください