ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、営業窓口からご確認ください。

2020年5月11日
エヌ・デーソフトウェア株式会社
株式会社 日立情報通信エンジニアリング

バイタル測定値の手書き記録・介護支援ソフトへの転記作業の自動化により、
介護スタッフの業務効率を向上

〜「ほのぼのNEXT」と連携した「介護施設向けケア支援ソリューション」で働き方改革を支援〜


「介護施設向けケア支援ソリューション」と「ほのぼのNEXT」のバイタル情報連携イメージ


株式会社日立情報通信エンジニアリング(代表取締役社長:岩崎 秀彦、本社:神奈川県横浜市)と、エヌ・デーソフトウェア株式会社(代表取締役社長:鳴坂 仁志、本社:山形県南陽市)は、体温計や血圧計、パルスオキシメーター*1などで収集したバイタル情報を「介護施設向けケア支援ソリューション」を介して、「ほのぼのNEXT」*2に自動転記する機能の提供を開始いたしました。

本機能により、これまで介護スタッフが行なっていた介護支援ソフトへのバイタル情報の入力時間を削減できることから、介護スタッフの業務効率化を図ることができます。また、サービス付き高齢者住宅などの利用者が自ら計測した情報は、介護スタッフと接触することなく自動転記が可能となり、介護スタッフによる利用者の健康状態の把握と計測に必要な移動時間を削減することができます。

*1
「介護施設向けケア支援ソリューション」に接続可能なバイタル測定器は以下です。
・体温計:UT-201BLE、血圧計:UA-651BLE (株式会社エー・アンド・デイ)
・パルスオキシメーター:PLS-01BT (株式会社カスタム)
*2
「ほのぼの」シリーズは、42,500を超える導入実績があり、介護福祉ソフト分野で業界トップクラスの介護業務システムです。
(2019年3月末 エヌ・デーソフトウェア株式会社調べ)


厚生労働省は介護事業所における業務時間の効率化により、利用者と向き合う時間を確保することで、質の高いサービスを提供するためのICT導入を支援し、導入費用の一部を助成対象としています。*3

*3
2020年2月19日 厚生労働省提出資料「介護サービスの生産性向上に向けた取組」より一部要約引用


「介護施設向けケア支援ソリューション」は、見守りセンサーや排せつセンサーなどの各種センサーを活用し、統計情報の可視化、さらにはセンサー情報の判定結果を電話機などへ通知することで、介護施設におけるスタッフの働き方改革、利用者の安心・安全をサポートするソリューションです。
また、「ほのぼのNEXT」は介護の記録や請求業務の効率向上を実現する介護・福祉事業者向けのICT業務システムです。

これまで、介護スタッフは利用者のバイタル測定時に、測定値を手書きのメモで記録し、事務所などPCが配備されている環境で、手書き記録から介護記録へ転記作業を行っていました。
「介護施設向けケア支援ソリューション」と「ほのぼのNEXT」の連携で、手書き記録作業、転記作業の時間が削減され、介護スタッフの業務効率向上を実現し、さらに転記誤りや転記もれなどの人的ミスを防ぐことができます。
また、サービス付き高齢者住宅などの自立した利用者が多い施設では、介護スタッフと利用者は接触することなくバイタル情報も自動記録・自動転記が可能となります。これによりスタッフの施設内の移動時間を削減することが期待でき、さらには感染症に対するリスクを軽減することに役立ちます。
「介護施設向けケア支援ソリューション」と「ほのぼのNEXT」との連携は、介護記録から請求作業まで自動で行うことができるため、行政が推進するICT活用事業の対象となります。


「介護施設向けケア支援ソリューション」と「ほのぼのNEXT」の連携により、業務効率化ができる一例を以下に示します。


「介護施設向けケア支援ソリューション」と「ほのぼのNEXT」連携の導入前/導入後の比較イメージ


「介護施設向けケア支援ソリューション」のバイタル自動記録により、手書き作業時間が利用者一人につき約1分削減でき、「ほのぼのNEXT」との連携により、転記作業時間が利用者一人につき約0.5分削減できます。これにより、利用者が100人の施設(バイタル測定回数1回/日)の場合、作業時間を約2.5時間削減でき、年間で約900時間削減することができます。
削減した時間で、利用者や介護スタッフ間のコミュニケーション時間や資格取得などの教育時間を確保することができ、介護の品質向上につなげることができます。


今後も株式会社日立情報通信エンジニアリングとエヌ・デーソフトウェア株式会社は、さらなる介護スタッフの業務効率改善と、利用者の安心・安全に向けた製品の提供を推進いたします。

製品に関するホームページ

仕様・価格について

(1)介護施設向けケア支援ソリューション

構成品*4 内容 ご参考価格
(税別)
販売開始日
主装置 日立データコレクションIC2000 *5 センサーから情報を収集するプラットフォームです。 1,554,000円〜 販売開始済
受信機 BLE受信機
(1台)
センサーからの情報を受信し、IC2000へ送信します。 30,000円
ソフト 基本 IC ヘルスケア
基本ソフト50A*5
センサーから収集した情報の見える化や通知条件の設定を行います。また、外部接点入力により、ベッドセンサーシステムの接続が可能です。 180,000円
オプション IC 排泄検知
ライセンスA
排せつセンサーによる排せつ検知が可能となります。 200,000円
IC 温湿度検知
ライセンスA
温湿度センサーによる温湿度検知が可能となります。 100,000円
IC バイタル自動登録
ライセンスA
バイタル測定器(体温計、血圧計、パルスオキシメーター)の測定結果が自動登録できます。 400,000円
IC 体動検知
ライセンスA
見守りセンサーによる利用者の在/不在検知が可能となります。 800,000円
IC 介護ソフトNDS連携
ライセンスA
センサー通知履歴、ナースコール/スタッフコール通知履歴が介護支援ソフト(エヌ・デーソフトウェア製)へ自動転記できます。 300,000円
*4
BLE受信機、アプリケーション画面表示用PC、SE費、工事費、センサーは含まれておりません。センサーは当社提案品からお選びいただきます。また音声端末、音声端末の接続インターフェースは含まれておりません。詳細は個別にお問い合わせください。
*5
主装置にBLE受信機を50台まで接続可能な場合のご参考価格です。

(2)ほのぼのNEXT

製品の仕様・価格については、エヌ・デーソフトウェア株式会社の問い合わせ窓口へお問い合わせください。

商標に関する表示

記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

お客さまお問い合わせ先

エヌ・デーソフトウェア 株式会社  ソリューション事業部
〒992-0479 山形県南陽市和田3369
電話:0120-945-597 (フリーダイヤル)

株式会社 日立情報通信エンジニアリング  UCソリューション事業部 UCシステム本部 UCパートナーソリューション部
〒220-6112 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 12階

報道機関お問い合わせ先

エヌ・デーソフトウェア 株式会社  経営企画部 経営企画課
〒992-0479 山形県南陽市和田3369
電話:0238-47-3483 (直通)

株式会社 日立情報通信エンジニアリング  経営戦略本部 経営企画部
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22階

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。