ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、 営業窓口からご確認ください。

2016年4月21日
株式会社 日立情報通信エンジニアリング

遠隔監視・制御を実現する「スマートIoTサービス」を提供開始

IoT/M2Mシステムの早期導入を可能とし、データ収集・利活用により新たな価値を創出

株式会社日立情報通信エンジニアリング(代表取締役社長:小菅 稔、本社:神奈川県横浜市)は、このたび、「IoT*1/M2M*2情報収集ソリューション」の機能を拡張した「スマートIoTサービス」の提供を開始します。これまで提供してきた「温度監視サービス」のリアルタイムなデータ収集とその見える化、24時間監視による異常検知と警報通知機能に加え、新たにモバイル回線によるデータ収集や空調機器の監視・制御を可能としました。また、監視可能な対象を温度から電力、湿度、CO2濃度などの環境データをはじめ、産業用機器から収集される稼働データまで拡張し、EMS*3や産業用設備の予兆監視など、幅広い用途に適用可能な自動監視を実現しました。

IoT時代の到来により、インターネットを介して多様なデータが収集できるようになり、蓄積されたデータを、ビッグデータとして利活用したいという市場ニーズが高まっています。
例えば、食品の製造・流通・販売に関わる企業にとっては、「食の安全性」の観点から、生産や製造の過程のみならず、流通や輸送における品質管理も重要な課題の一つとなっています。特に多様な食品を扱う外食・小売店舗・倉庫・トラック輸送などに対しては、食品衛生管理基準に基づく冷蔵・冷凍設備の適切な温度管理が求められており、人を介さず効率的で信頼性が高いシステムによる温度データの収集・管理・利活用が注目されています。
また、高い稼働率が求められる産業分野の機器・設備では、計画外の設備停止による損害発生を防ぐ予防保全の必要性から、機器・設備からの稼働データ収集とそれらを利活用した自動監視が求められています。

当社はこれまでに、「冷蔵庫温度監視サービス」による飲食チェーン店などにおける冷蔵庫の温度監視や、BEMS*4によるエネルギーの見える化など、食の安全や省エネに貢献するシステムやサービスを提供してきました。
それらの機能を統合・拡張し、かつクラウドにも対応した「スマートIoTサービス」とすることで、多種多様なデータの収集と利活用を可能としました。

例えば、飲食系チェーン店やデパートなど向けには、従来の冷蔵庫温度監視サービスに加え、空調機器の情報収集・制御を付帯させることで、遠隔温度監視と省エネの両立が可能です。これにより、運用コストの低減と信頼性の高い食品衛生管理が可能となります。
また、産業分野では、機器・設備に適用することにより、低コストで予防保全に必要なデータ収集と稼働状態の監視が可能です。これにより、計画外の設備停止の回避と保守コストの低減が可能となります。

なお、本「スマートIoTサービス」はクラウドサービスとして、お客さまへクラウド環境とシステムの構築・保守をはじめ、モバイル回線によるデータ収集、メール・電話・FAXによる警報通知や収集データのレポーティングといった、一連のサービスを提供いたします。
さらに、これまでの「冷蔵庫温度監視サービス」で培ったノウハウを生かし、短期間での導入・運用開始が可能です。また、お客さまの既存インフラ設備・機器・センサー類の流用もできるため、過去の投資を有効に活用できます。お客さまの要件に合わせた段階的なシステム拡張も可能で、中小規模から大規模、各地の複数拠点にまたがったシステム拡張ができます。

本「スマートIoTサービス」は、導入いただくことにより、信頼性の高い食品衛生管理、予防保全、省エネ、トータルコストの削減など、データ利活用から、お客さまにとって新たな価値を創出いたします。今後、当社では、人流計測、データセキュリティ、蓄電などの当社製品との連携による複合ソリューションへと展開し、収集データの一元管理と多様なサービスの提供を実現してまいります。また、多種多様なデータを迅速に統合・分析・可視化することで、お客さまに対して、経営の効率化や新たなビジネスの創出に向け、機能・サービスの拡充を図ってまいります。

なお、本「スマートIoTサービス」は、2016年5月11日〜13日に東京ビッグサイトで開催される「IoT/M2M展」の日立グループブースに出展いたします。

*1
IoT:Internet of Things
*2
M2M:Machine to Machine
*3
EMS:Energy Management System
*4
BEMS:Building Energy Management System

「スマートIoTサービス」の構成イメージ

「スマートIoTサービス」の構成イメージ

「スマートIoTサービス」の提供内容と価格について

品名 提供内容 価格(税別) 提供開始時期
標準サービス (通知先(店舗、ビルのフロア等)単位)
  1. ユーザ管理
  2. メールによる警報通知
  3. WEBブラウザによる見える化
  4. レポーティング
  5. 問い合わせ窓口サービス(Webサイト受付)
〜4,000円/月・通知先 2016年4月21日
(ポイント(測定データ)単位)
  1. 各種センサーからのデータ収集と蓄積
400円/月・ポイント
電話通報サービス 自動音声電話による警報通知 オプション
FAX通報サービス FAXによる警報通知
モバイル通信サービス 3G/LTEによるデータ収集

(注)上記サービスをご利用いただくための初期導入費が別途必要となります。

問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

お客さまお問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング  営業統括本部 営業戦略統括本部[担当:川口]
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 25階
電話:050-3101-2429(直通)

報道機関お問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング  経営・事業企画本部 企画部 [担当:中村]
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22階
電話:050-3163-5726 (直通)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。