ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

セキュリティ改革ソリューション

セキュアインターネット接続
ソリューション

社外のどこからでもユーザーを守る
クラウドベースのセキュアDNS

働き方改革の推進により、働く場所が多様化して既存のセキュリティ対策ではカバーが難しくなっています。

Cisco Umbrellaは、DNS*1 を利用してユーザーのインターネット接続をセキュアにするクラウド型インターネット出口対策です。世界最大規模のセキュリティ専門家の組織であるCisco Talosと連携し最新の脅威情報に対応します。

*1 DNS:Domain Name System

抱えている課題

出張中や在宅勤務など社外におけるインターネット接続のセキュリティに不安はありませんか?

  • 在宅勤務やリモートワークを導入したいが、社外におけるインターネット接続のセキュリティが不十分

  • 社外でのインターネット接続利用状況が把握できない

  • 日々進化し高度化するサイバー攻撃を防御したい

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

お客さまのポリシーに合わせて多様なデバイスでインターネット接続ができます
クラウドサービスにより、常に最新のセキュリティを提供します

社外接続でも社内と同等のセキュリティポリシーで管理

社内外問わずどこにいても自社のセキュリティポリシーに準じたインターネット接続が可能になります。

Cisco UmbrellaはDNSを利用して接続先の安全性を判断しているので全ての通信の脅威が対象となります。

社外でのインターネット利用状況を把握

社外でのインターネット接続状況を可視化し、管理することができます。クラウドアプリケーションごとに利用状況の把握が可能であり、許可していないクラウドアプリケーション(シャドーIT)を発見することもできます。

世界中で収集・解析しているリアルタイムの脅威情報を提供

250人を超えるセキュリティ専門家が所属する世界最大規模のデータ解析組織「Cisco Talos」と連携し、提供される最新の脅威情報をもとに迅速かつ正確に脅威を検知し、お客さまのネットワークを保護します。

「クラウド型インターネット出口対策」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください