ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

オフィス環境改革ソリューション

Microsoft 365 利用
環境整備ソリューション

インターネットブレイクアウトを使って
Microsoft 365 の課題を解決します

近年、クラウド型サービスのMicrosoft 365 を導入する企業が増えていますが、それと同時にネットワークの負荷が上昇して業務環境が悪化してしまうこともあります。

Cisco SD-WANのインターネットブレイクアウトを活用することで、各拠点からのトラフィックの集中を防ぐことができます。

抱えている課題

Microsoft 365 を導入したら、通信が不安定になっていませんか?

  • Microsoft 365 によりデータセンターに通信が集中し、回線がひっ迫している

  • プロキシサーバーなどのトラフィックが増大して設備を増強しなければならない

  • Microsoft 365 の導入で運用管理者の負荷が増えてしまった

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

インターネットブレイクアウトでMicrosoft 365 の通信を快適に

インターネットVPNのトラフィック集中を軽減

Cisco SD-WAN対応ルーターを導入してインターネットブレイクアウトを利用することで、各拠点からのトラフィックはインターネットVPNを経由せず、Microsoft 365 クラウドと直接通信することが可能です。

そのため、Microsoft 365 クラウドへのアクセス時は、VPNルーターに通信を集中させることなく、Microsoft 365 を利用することができます。

プロキシサーバーなどの機器の増設が不要

Cisco SD-WAN対応ルーターを導入してインターネットブレイクアウトを利用することで、プロキシサーバーやファイアウォールなどのインターネットへの出口に設置された機器の負荷増大を抑えることができます。そのため、あらためて機器を増強する必要はありません。

プロキシサーバーの更新作業が不要になり運用管理者の負荷を低減

Microsoft 365 では、プロキシサーバーへの負荷を軽減するために除外リストの設定が必要ですが、接続先アドレスは頻繁に変わるので、運用管理者が逐次設定変更する必要があります。

インターネットブレイクアウトを利用すると、プロキシサーバーを経由せずに直接Microsoft 365 クラウドと通信するので、設定変更が不要となり運用管理者の負担が軽減できます。

SD-WANによるインターネットブレイクアウトでMicrosoft 365 利用の際の課題を解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください