ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

ネットワーク改革ソリューション

ネットワーク障害解析
SDNソリューション

トラブル対応のデジタライゼーションで
ネットワークの可用性と
品質維持を実現します

ビジネスを継続的かつ円滑に進めていくためには、ネットワークの可用性と品質維持が必須となってきています。

しかしながら、ネットワークシステムがますます複雑かつ高度化していく中、トラブル発生時に運用管理者にかかる時間と労力は増していく一方です。

Cisco DNAに対応したCiscoのネットワーク機器と統合管理アプライアンス「Cisco DNA Center」は、これまで運用管理者が行っていたトラブル対応業務をデジタライゼーションすることでさまざまな課題を解決します。Cisco DNAは、多くのデータ収集作業を自動化して人的コストを抑え、ビッグデータを用いた分析によって運用管理者のスキルに依存することなく、迅速かつ安定した問題切り分けを可能にします。

抱えている課題

ネットワーク障害対応に多大な時間と労力を費やしていませんか?

  • トラブル発生時のログデータを収集するためには現地に出向く必要があり多大な時間と労力がかかる

  • 膨大なログデータから状況を把握するのが困難だ

  • 十分なトラブル対応スキルを有した人材が不足している

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

トラブル対応のデジタライゼーションで迅速な障害解決

ログデータ収集に要する時間と労力の大幅削減

Cisco DNA Centerはネットワーク機器からの各種ログデータを常時収集しているので、現地での障害時のログ収集や現象再現待ちが不要となります。そのため、ログ収集に費やす運用管理者の時間と労力を大幅に削減することができます。

データの自動分析と可視化による速やかな状況把握

Cisco DNA Centerは、収集した膨大なデータの相関分析などを行い、発生しているトラブルの情報をリアルタイムに表示します。運用管理者は、調査対象の機器・時間帯の情報を容易に参照することができ、速やかな状況把握が可能になります。

運用管理者のスキルに依存しないネットワーク障害解析

Cisco DNA Centerは、収集した膨大なデータをシスコ社のクラウドに蓄積されたビッグデータと照らし合わせて障害原因や対策案を提示します。

そのため、運用管理者はそれらを参考にすることで、より迅速で効率的なトラブル対応を行うことができます。

Cisco DNAによる「トラブル対応のデジタライゼーション」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください