ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

自動運転への対応

1運転支援(Lv1,2)

運転支援イメ―ジ

ステレオカメラ、レーダー、各種センサ、GPS情報をもとにハンドルやアクセル、ブレーキなどを制御する

2部分運転自動化(Lv2)

部分運転自動化イメージ

4個のカメラを用いた高度な画像処理技術と各種センサ情報をもとにハンドルやアクセル、ブレーキなどを制御する

3自動運転(Lv3〜)

自動運転イメージ

当社の強み(上位設計〜評価)

ソフトウェア開発プロセスに準拠した品質を提供します(ソフトウェア開発力)。

設計プロセス、車載関連実績
画像拡大

ソフトウェア

ページの先頭へ