ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

概要

写真:Quasi Static Tester
Quasi Static Tester

HDD用GMR・MRヘッドのスライダ/バー状態での特性解析を自動で行う装置です。

特長

  • 多数スライダ連続測定(max14スライダ)
  • ΔV−Hプロファイルの高速多数回測定(max1000回)
  • 4線式プロービングによる高精度電流設定・測定
  • 印加磁界:1kOe/磁界周波数:10Hz/サンプリング周波数:10kHz
  • 治具交換によりバーおよびHGAも測定可能
  • オプションとして別筐体で1〜1.5Tの磁界印加も製作可能

関連ソリューション

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

関連リンク