ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、営業窓口からご確認ください。

2018年9月27日
株式会社 日立情報通信エンジニアリング

介護施設における入居者の安心・安全とスタッフの働き方改革を支援
「介護施設向けケア支援ソリューション」を販売開始

株式会社日立情報通信エンジニアリング(代表取締役社長:岩崎 秀彦、本社:神奈川県横浜市)は、介護施設スタッフの介護業務を支援する「介護施設向けケア支援ソリューション」を9月28日より販売開始します。本ソリューションは音声技術とIoT技術を融合したプラットフォーム「日立データコレクション IC2000」をベースに、介護施設における入居者の安心・安全とスタッフの働き方改革を支援します。

昨今、介護分野については高齢化に伴う大幅な介護需要の増加と労働力人口の減少により、介護スタッフの人材不足が大きな問題となっています。このような状況の中、介護業務の見直しや介護施設入居者(以下、入居者)の安心・安全が求められています。当社の「介護施設向けケア支援ソリューション」では、入居者の介護に必要な情報を各種センサーから収集して、入居者の見守りを支援、入居者の状態記録と生活リズムの見える化を実現することで、入居者の安心・安全とスタッフの業務軽減・効率化を支援します。

介護施設向けケア支援ソリューションの概要図
「介護施設向けケア支援ソリューション」の概要図
 

本ソリューションの特長

1.入居者の見守りを支援

各種センサー(温湿度・行動・排泄)から収集した入居者の情報を、居室や共有スペースに設置されたBLE受信機*1、またはスタッフのPHS・多機能電話機に呼び出し音やメッセージでスタッフに通知することができます。これらの通知にスタッフが対応することで、入居者にとって安心・安全な介護生活を支援します。

*1
BLE:Bluetooth Low Energyの略

2.入居者の状態記録と生活リズムの見える化

各種センサー(温湿度・行動・排泄)を活用することで、入居者の状態を自動的に記録することができます。さらに入居者の情報を統計し、アプリケーション画面でグラフや表を用いて可視化することで、スタッフは入居者の生活リズムを管理することができます。また入居者の統計情報については、ケアプランを見直す材料としても活用できます。

 
今回は第1弾として、各種センサーで収集した入居者の情報を介護業務に活用したソリューションを提供します。

本ソリューションの導入効果

1.入居者に適切な空調環境を提供

季節や時間帯で変化する居室や共有スペースの温湿度・暑さ指数が指定の温湿度以上または以下となった場合にスタッフへ通知します。通知を受けたスタッフが空調を操作することで、入居者に適切な空調環境を提供します。

2.入居者の安全な行動を支援

BLE受信機を設置したポイントとなるゲート(出入口・階段など)に送信機タグを持った入居者が接近・通過した場合、スタッフへ通知します。通知を受けたスタッフが入居者の行動を支援することで、入居者の安全を守るとともに、スタッフの見回り業務を軽減します。

3.入居者の紙おむつ交換タイミングを効率化

紙おむつの状態(排泄回数・量)を測定し、指定の条件を超えた場合にスタッフへ通知します。
通知を受けたスタッフが交換対応することで、おむつ漏れによる衣服・布団・シーツ交換作業の負荷を軽減します。

4.スタッフの記録業務を効率化

各種センサーから収集した入居者の情報は「日立データコレクション IC2000」に自動記録するため、スタッフの手書き記録業務の負荷を軽減します。また、入居者からのスタッフ呼び出し対応時、PHSで割り当てられた対応内容(入浴補助、トイレ補助、ベッド高さ調整など)の番号をダイヤルキーで入力。コール時間、対応履歴の記録に加え、アプリケーション画面から履歴を検索することが可能です。

 
今後、当社では実証試験で得た課題やお客さまからのご意見をもとに、本ソリューションの拡充を進めていきます。例えば、転倒・転落、睡眠、体温などを検知する各種センサーとの連携による入居者の安心・安全の見守りを強化、さらに介護支援ソフトとの連携によりスタッフの日々の業務削減・効率化など、よりよい介護サービス環境を支援していきます。

「介護施設向けケア支援ソリューション」の価格および販売開始日について

構成品 価格(税別) 販売開始日
(出荷開始日)
日立データコレクション IC2000主装置(1台) *2 1,554,000円 2018年9月28日
(2018年10月19日)
アプリケーションソフトウェア50(1式) *3 480,000円
BLE受信機(1台) *4 30,000円

アプリケーション画面表示用PC、SE費、工事費、BLEセンサーは含まれておりません。
BLEセンサーは当社提案品からお選びいただきます。
音声端末、音声端末の接続インターフェースは含まれておりません。詳細は個別にお問い合わせください。

*2
主装置にBLE受信機を50台まで接続可能な場合の標準価格です。
*3
BLE受信機50台までの情報をアプリケーションソフトウェアで可視化する場合の標準価格です。
*4
BLE受信機の設置台数については、お客さまの用途・環境に応じて別途見積いたします。

「介護施設向けケア支援ソリューション」に関するホームページ

商標に関する表示

  • BluetoothはBluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
  • 記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYOでの紹介について

本製品は、日立が2018年10月18日(木)〜19日(金)に、東京国際フォーラムで開催する「Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYO」において、ご覧いただけます。

問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

お客さまお問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング  IPTシステム本部 IPTソリューション・サービス部 [担当:柳通]
〒220-6112 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 12階
電話: 050-3163-5812(直通)

報道機関お問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング  経営・事業企画本部 企画部 [担当: 中村]
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22階
電話: 050-3163-5726 (直通)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。