ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

オフィス環境改革ソリューション

ビデオ会議品質改善
ソリューション

既存のWAN回線を仮想的に統合し、
効率的に利用することで、
ビデオ会議の品質を改善します

ビデオ会議システムが幅広く普及してきたが、ビデオ会議システムの利用においては、WAN回線が原因で映像や音声が乱れて会議進行に支障をきたすことがあります。

Cisco SD-WANは、複数のWAN回線を仮想的に統合し、各回線の品質と優先したいアプリケーションに応じて自動的に通信ルートを最適化します。

WAN回線を効率的に活用でき、音声と映像を優先設定することで快適なビデオ会議が実現します。

抱えている課題

ビデオ会議で音声や映像が途切れて不快な思いをしたことはありませんか?

  • ビデオ会議の映像や音声品質が安定せず使いづらい

  • クラウドサービスの増加などでWAN回線の帯域がひっ迫してしまっている

  • 既存のWAN回線を有効活用し投資対効果を高めたい

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

WAN回線を仮想的に統合し優先設定をすることで快適なビデオ会議を提供します

複数のWAN回線の中から最適な通信ルートを自動で選択

Cisco SD-WANは、各回線の接続確認だけでなく、トラフィック状況を常時モニタリングして通信回線の品質を確認しています。仮想的に統合したWAN回線の中から安定した通信品質が確保できる回線を自動選択するため、快適なビデオ会議が実現します。

アプリケーションごとに優先設定が可能

Cisco SD-WANは、優先したいアプリケーションをお客さま自身が指定することで、占有帯域が確保されます。

たとえば、音声と映像を優先指定することにより、大容量かつ高品質のビデオ会議システムを安定した通信状態で実施することができ、快適に会議を進行することができます。

バックアップ回線を有効に活用して投資対効果を向上

Cisco SD-WANにより、普段使われていないバックアップ回線も仮想的に統合することで、必要に応じて平常時も活用することができます。保有回線を無駄なく活用することにより、既存設備の投資対効果の向上が期待できます。

「SD-WANによるWAN回線選択自動化」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください