ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

ネットワーク改革ソリューション

ネットワーク運用設定簡易化
SDNソリューション

ネットワーク運用管理のわずらわしさを
Cisco DNAで解決します

近年ネットワークの重要性が高まっており、環境変化に俊敏かつ柔軟にネットワークを変更する必要があることから運用管理者の負荷が高くなっています。 Cisco DNAを導入すると、従来のようなネットワーク機器ごとの個別管理ではなく、Cisco DNA Centerから一元管理ができるようになります。ネットワーク設定変更時の運用管理者による作業時間が大幅に短縮されます。

Cisco DNA Centerは、ネットワークを仮想化してアクセス制御の設定などを自動化し、Cisco ISE*1との連携でユーザーの接続先を論理的に制御します。この「ユーザーに紐づいたアクセス制御」によって、場所にとらわれない自由なネットワーク接続を実現します。例えば、職場の引っ越しやフロア移動時などにも、ネットワークの設定変更が不要となり、運用管理者の負荷が軽減されます。

ビジネス方針や働く環境の変化に合わせた、柔軟で緻密なネットワークアクセス制御を迅速に行えるようになるので、よりダイナミックに事業が展開できるようになります。

*1 ISE:Identity Services Engine

抱えている課題

ネットワークの重要性が高まる中、ネットワークの拡張や変更に俊敏に対応できていますか?

  • ネットワークの拡張や変更は、ネットワーク機器ごとに個別設定を行うため大変な時間がかかる

  • ネットワーク利用環境の融通が利かない

  • 職場移動が多くネットワークへの設定変更が大変

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

ネットワーク仮想化とアクセス制御の自動化によりネットワーク運用負荷を大幅に軽減します

ネットワーク環境を俊敏かつ確実に変更

Cisco DNAを導入すると、従来のようなネットワーク機器ごとの個別管理ではなく、Cisco DNA Centerから一元管理ができるようになります。ネットワーク変更時には、個々のネットワーク機器にコマンド投入することなく、Cisco DNA CenterのGUI画面による設定変更となるので、設定変更のミスを軽減するとともに作業時間を短縮することができ、運用管理者の負荷も大幅に軽減されます。

これにより、ネットワーク環境を俊敏かつ確実に変更することができます。

ネットワーク利用環境の柔軟化

ユーザーは、接続する場所にとらわれず、どこからでも自分が属するグループのネットワークに接続できます。働き方改革の一環として従業員の作業場所を自由にすることができ業務効率の向上が期待できます。

ユーザーベースのアクセスポリシー管理により運用負荷を軽減

従来は、職場移動などがあると運用管理者はフロアやエリアごとにネットワークの設定変更が必要でした。Cisco DNA CenterとCisco ISEを導入すると、ユーザーに紐づいたアクセス制御となり、場所を移動してもアクセスポリシーが維持されるので、ネットワークの設定変更が不要となり運用管理者の負荷が軽減されます。

Cisco DNAによる「ネットワーク仮想化とアクセス制御の自動設定」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください