ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

改革のための可視化ソリューション

接続デバイス可視化
ソリューション

社内ネットワークへ接続している
デバイスの数や種類を可視化することで
現状を把握し、
ネットワーク環境の改善や
コンプライアンスを強化します

PCやスマートフォン、タブレット端末など、会社・個人所有問わず、一人で何台ものデバイスを使い分け、それらを業務でも安全に活用することが求められています。

また、IoTの普及に伴い、ネットワークに接続されるデバイスはさらに増え続けており安全なネットワークの維持管理が困難になっています。

Cisco ISEのデバイスプロファイリング機能を活用することで、デバイスの接続状況を可視化し、ネットワーク改善やコンプライアンス強化に活用することができます。

抱えている課題

社内ネットワークにつながるデバイスが増えていますが、コンプライアンス上の問題はありませんか?

  • 社内ネットワークにさまざまなデバイスがつながっているが、何がつながっているのかわからない

  • 何がつながっているのか把握したいが、既存ネットワークに影響を与えたくない

  • ユーザーのデバイス使用状況がわからず、コンプライアンス上に不安がある

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

社内ネットワークに接続するデバイスを見える化し、情報セキュリティ対策の強化とネットワーク改善に活用できます

社内ネットワークの接続状況を把握

Cisco ISEのデバイスプロファイリング機能を活用することで、デバイスの数や種類、製造元や機器属性など、各種情報を可視化して、社内ネットワークの接続状況を把握することができます。

現状システムに負荷を与えずに各種情報を把握

Cisco ISEは、ネットワークに接続する際にデバイスが送信したデバイス情報を使用するため、既存のネットワークにほとんど負荷を与えずに、社内ネットワークに接続されたデバイスの各種情報を把握することができます。

コンプライアンス強化とネットワーク改善

ユーザーがどのデバイスで、いつ・どこからネットワークに接続したのかを記録し、接続デバイスの分布情報や統計情報などをレポート表示することで、コンプライアンス強化の判断材料に利用することができます。また、ネットワークシステムの改善にもつなげることが可能です。

「接続デバイスのプロファイリング」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください