ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

改革のための製造業向けソリューション

工場向け無線ネットワーク
ソリューション

製造現場の設備特性を考慮、無線を活用してネットワーク最適化を実現します

工場向け無線ネットワークソリューション

製造現場のIoT化の実現にあたりネットワークの整備は必要不可欠です。

しかし工場が広大であったり、障害物が多数あるなど、新しい有線ネットワークの敷設が困難な場合があります。本課題に対して、日立情報通信エンジニアリングの通信ネットワークの知見を最大限に生かし適切な無線ネットワークの導入を実現します。

抱えている課題

工場へのネットワーク導入、対策は十分ですか?

  • 製造機器が多く、作業員が行き交う工場現場では、新しいネットワークの敷設は困難

  • 無線ネットワーク構築、セキュリティ対策のノウハウがなく、最適なネットワーク構築ができない

  • 工場が広大であり、障害物も多数あるなど、無線ネットワークの品質を保つのが難しい

日立情報通信エンジニアリングの解決策

導入前のアセスメントにより、お客さま環境への最適な無線ネットワークを導入

無線ネットワーク導入により、工場内へ新規のLANケーブル敷設が不要

大型製造機器が設置され、作業員が行き交うような工場現場では、有線ネットワークの敷設工事が大がかりとなったり、LANケーブル断線のリスクがあります。

無線ネットワークを導入することで、データの収集や稼働管理を実現します。

複数の通信方式からお客さまの環境にあった最適な組み合わせを選択

導入前にWi-Fi環境アセスメントを実施することにより、お客さまの環境に最適な通信方式を選択。無線の電波状況を計測した結果をもとに設計・構築します。

通信の暗号化と認証の仕組みにより盗聴や不正侵入などを防ぎます。

ネットワーク内のさまざまな情報を常時収集・可視化して、運用負担の軽減を実現

接続ユーザや設備に応じた通信設定・制御情報を一元管理化することで、障害箇所や接続状況を可視化し、ネットワーク管理の負担を軽減します。

ネットワークのスペシャリストによる「工場向け無線ネットワークソリューション」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください