ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

改革のための製造業向けソリューション

工場ネットワーク
セキュリティソリューション

セキュリティ機能を備えたネットワークで、
製造現場のIT化を推進します

生産性の向上や製造業の新しい価値創造を目的とした工場全体のIT化が推進され、OTゾーン(製造現場)は製造ラインを含めた工場内ネットワークのセキュリティ強化が急務となっています。

しかしながら、OTゾーンは外部とネットワーク接続することを想定しておらず、専用端末であったり、OSのバージョンが古く最新のアンチウイルスが適用できないなど、十分なセキュリティ対策ができていないのが現状です。

本課題に対して、セキュリティ機能を備えたネットワークを構成することで、既存の端末に手を加えることなく解決します。

抱えている課題

セキュリティ対策をしていない製造現場とネットワーク接続をして大丈夫ですか?

  • 製造現場は専用端末が多くアンチウイルスなどのソフトウェアを入れることができない

  • セキュリティ対策のための体制も設備も整っておらず、感染時の対策が難しい

  • 大規模なセキュリティ製品の導入は予算化が難しい

日立情報通信エンジニアリングが提案する解決策

セキュリティ機能を搭載したネットワーク機器を導入して工場内のIT化を推進

さまざまな脅威や不正な内部活動をネットワークで検知

Cisco Stealthwatchの導入により、ネットワーク機器からログ情報を収集して可視化し、さまざまな脅威や不正な内部活動を検知します。エージェントレスで動作するため、既存の端末に手を加える必要はありません。

サイバー攻撃対策を自動化

Cisco ISEとCisco Stealthwatchの導入により、Cisco Stealthwatchが検知した感染端末をCisco ISEが自動で隔離するので、サイバー攻撃対策が自動化されます。ネットワーク環境を製造ラインの工程や目的、通信内容ごとなど、緻密にセグメント化してアクセス先を制限することもできるので、万が一マルウェアに感染しても、製造ライン全体を止めることなく被害を局所化することができます。

機能を絞った機器選定で簡易的に導入も可能

まずはお手軽にセキュリティ対策を導入したいというお客さまは、PIOLINK社のアプライアンス製品TiFrontもご検討いただけます。L2スイッチをTiFrontにすることで、TiFront内を流れる通信を自動監視し、端末やポート単位ではなく怪しい通信のみ遮断し、可用性を確保することができます。

コストや効果に応じたさまざまな製品を選択することができ、組み合わせにより段階的にセキュリティを強化することも可能です。

「セキュリティ機能搭載のネットワーク」で解決

このソリューションの関連製品

シスコ社ゴールド認定パートナーロゴ

ソリューション・製品に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください