ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

コンタクトセンター、一般オフィスのIP電話の環境下で音声録音が可能です。

  • 録音した音声ファイルをデータセンターのサーバーで一元管理し、Webで容易に検索・再生が可能
  • 送話/受話分離録音方式のため、音声認識システムなどとの連携可能(将来拡張機能)
  • システムインテグレータ様向けに音声認識システムとの連携可能なソフトウェア連携開発キット(SDK※)を提供
SDK(Software Development Kit)

音声録音システム RecwareIIは、小規模〜大規模のIP系電話システムに対応可能です。
お客さまの拠点規模に合わせたシステム構築と導入後の柔軟なスケールアップが可能です。

主な対象
コンタクトセンター、オフィス
提供形態
システム、ソフトウェア
価格
お問い合わせください。

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

導入効果

  • お客さまにコールバックすることなく、金額や日時などの通話内容を確認することができ、業務効率の向上を図ることができます。
  • お客さまの肉声をダイレクトに社内関係者に知らせることによって、メールやメモでは伝えにくいお客さまの感情など、生の声を共有することができます。さらにまた聞きによる情報伝達ミスを予防できます。
  • オペレーター教育の一環として、自身の対応を聞き直すことで、応答の問題点・課題を抽出し、自ら是正することができます。オペレーターのスキルアップ、コンタクトセンターのレベルの底上げに貢献できます。

システムメニュー

RecwareIIのシステムメニューを以下に示します。

RecwareIIシステムメニュー

RecwareII IP系モデル

IP電話用音声録音システム

  1. 呼制御に依存しない安定&確実なIPキャプチャ録音
    1. 呼制御に依存しないRTPキャプチャ方式で、IP-PBXを選ばず録音可能
    2. DSP(Digital Signal Processor)を搭載しハードウェア・アシストによる大規模&高品質録音のハードウェアタイプロガーと、ソフト処理による低価格のソフトウェアタイプロガーを提供
    3. AGC(Automatic Gain Control)機能による音量レベルの自動調整と音質の確保
  2. システム構築・管理の容易化
    1. 音声取得用PCは必要としないため、既設IPテレフォニーシステムに容易に導入可能
    2. 録音データの集中管理を実現(情報セキュリティ管理の容易化)
    3. 5階層の権限管理と、その権限に応じた利用可能機能の設定によるきめ細かくセキュアなアクセス権限管理
    4. ブラウザインタフェースにより、場所を問わないアクセスを実現
    5. 国内メーカーとして充実のサポート
  3. 他のアプリケーションとの連携機能の提供
    1. 音声認識に対応できる送話/受話分離録音
    2. PBX連携・CTI連携により呼情報を検索キーとして利用可能(連携用標準インタフェース提供)
    3. アプリケーションから検索用インデックスなどを追加できるAPI(連携用SDK)を提供(順次拡大予定)

構成例

RecwareIIシステムのIP系システムの構成要素を示します。

構成例:IP系システム

製品名をクリックすると、製品詳細ページを表示します。

音声ファイル生成装置(RecwareII IP/LGR)の写真

音声ファイル生成装置(RecwareII IP/SLGR)の写真

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

製品の補足

  • 記載された製品の内容・仕様は予告なく変更する場合があります。
  • 記載製品の色は実物とやや異なることがあります。
  • 本製品を輸出される場合には、外国為替及び外国貿易法並びに米国輸出管理関連法規などの規制をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。