ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

ICT@ETモノづくりNews Vol.13
スマートなコラボレーション UC3ソリューション

〜スマートデバイスの活用により業務効率を向上〜

2012年9月

営業窓口

スマートなコラボレーション「UC3ソリューション」

 業務の高効率化やグローバル化、さらにはBCP*1への対応など、多くの企業が直面しているこれらの経営課題に対応できるスマートなコラボレーション「UC3(ユーシーキューブ)ソリューション」をご紹介します。

 UC3ソリューションは、 いつでも・どこでも “人” と“情報”と“ビジネス”をスマートにつないで、時間や場所の制約にとらわれずに円滑なコミュニケーションとコラボレーションの環境を実現するネットワークソリューションです。
IP電話、TV会議、テレプレゼンスなどのコミュニケーションツールの提供に加え、お客さまネットワークの事前調査から設計、構築、導入、保守までのサービスをトータルに提供します。
今回、スマートデバイスから社内PCを遠隔操作させるメニューを追加したことにより、業務効率のさらなる向上が実現可能になりました。
UC3ソリューションを是非ご活用ください。

*1
BCP: Business Continuity Plan

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

UC3ソリューション全体像

コミュニケーションの自由度を最大化して、業務効率の向上を実現

 これまで企業に導入されてきたネットワークシステムは、IP電話システムなどの情報と通信の融合や、グループウェアでの情報共有など、部門内での生産性向上には役割を果たしてきたものの、業務を行う場所が社内のPCのみと限定的であったり、会議中や電話中などの状況によって対応できる業務が制限されていたため、大幅な生産性向上には結びつきにくい面がありました。

 しかし今、スマートデバイスを活用して“いつでも・どこでも”業務をこなせるワークスタイルへの関心が高まっています。
当社が提供するUC3ソリューションは、IP電話・メール・内線などを統合する「ユニファイド コミュニケーション(Unified Communication)」、テレビ会議システムを核とする「ユニファイド コラボレーション(Unified Collaboration)」、そしてこれらのシステムを運用する仮想化技術「ユニファイド コンピューティング(Unified Computing)」を融合したネットワークソリューションです。
米国ネットワーク機器大手であるシスコ社のユニファイド・コミュニケーション、 ユニファイド・コラボレーション、ユニファイド・コンピューティング・システムを採用し、 お客さまにとって最適な、スマートなコラボレーション環境を提供することができます。
“3つのUC”の相乗効果により、ビジネスに関わるさまざまな人のワークスタイルを革新し、生産性とコミュニケーションの質を向上させることができます。
例えば、幹部・役員の重要な意思決定にふさわしい臨場感のあるテレビ会議や、商談中の課題に即答できる人材との連携を生むWeb電話帳など、お客さまの業務に適したツールを組み合わせてコミュニケーションの自由度を最大化し、最適なワークスタイルの実現を可能にします。

 今回、さらなる効率向上をめざし、外出先や出張先でも社内業務を処理できるセキュアなリモートデスクトップをソリューションのラインナップに加えました。
当社セキュリティチーム主導の技術開発により、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスからでも安全にリモートデスクトップを利用できるようにしています。
これにより、安全で外出先の隙間時間にも使いやすい、まったく新しいモバイルワークスタイルの実現が可能になります。



UC3ソリューション概略図
UC3ソリューション概略図



Unified Communication
IP電話・メール・FAXなどを統合するユニファイド・コミュニケーション

Unified Collaboration
テレビ会議・テレプレゼンスなどを統合するユニファイド・コラボレーション

Unified Computing
Unified CommunicationやUnified Collaborationのシステムを仮想サーバや仮想ネットワークで構成するユニファイド・コンピューティング

UC3ソリューション適用例

スマートデバイス対応リモートデスクトップソリューション

外出時の隙間時間にメールやスケジュールを確認

外出時の隙間時間にメールやスケジュールを確認

【課題】
顧客先との打合せなどで外出が多い社員や部門ではノートPCを使って社外で業務を行っていたが、外出先では時間や場所を確保しにくく、十分に活用できていなかった。

【解決策】
ノートPCに代わってタブレット端末(iPad)を導入したところ、端末の起動や自席PCへのリモート接続が短時間で行えて操作も簡単なため、隙間時間でのメール確認やスケジュール確認を手軽に行えるようになった。
例えば、顧客先で次回打合せの調整を行うにあたり、会議室の空き状況や関係者のスケジュールなどの確認から予約までをスムーズに行うことが可能になった。



導入前 導入後
外出時、メールやスケジューラの確認が短時間では行えなかった。 隙間時間にタブレット端末から社内メールやスケジューラにアクセス。
打合せの場でお客さまとのスケジュール調整も可能になった。

外出・出張時でも稟議内容を確認・決裁

外出・出張時でも稟議内容を確認・決裁

【課題】
外出先では稟議内容の確認が行えず決裁できないため、稟議決裁に要する時間が多くかかっていた。

【解決策】
スマートデバイスを用いて移動時間中に社内の電子稟議システムにアクセスできるようになり、合議者・承認者・決裁者が稟議内容の確認を隙間時間に行えるようになった。

外出先から承認や決裁が行えるため、稟議が決裁者の出張に重なってもスムーズに決裁できるようになり、稟議に要する時間を短縮できるようになった。



導入前 導入後
外出時、稟議内容の確認・決裁ができなかった。 隙間時間に稟議内容の確認や決裁が可能になり、ビジネスのスピードがアップ。

予想外の商談テーマでも製品紹介が可能

予想外の商談テーマでも製品紹介が可能

【課題】
顧客先での商談中、予想外の製品がテーマになった際、カタログなどの資料の持ち合わせがないとビジネスチャンスを逸するおそれがあった。

【解決策】
営業先で予想外の問い合わせを受けた際にカタログなどの公開資料やプロモーション動画などを、事前にタブレット端末に格納しておいたり、社内システムに接続して閲覧することで、製品紹介することができ、機会損失を最小化することが可能になった。




導入前 導入後
カタログや説明資料などの持ち合わせがないとビジネスチャンスを逃しかねなかった。 予想外の問合せにも製品紹介ができるので、機会損失を少なくすることができた。

Web電話帳ソリューション

有識者をスマートに探して情報を入手

【課題】
プレゼンや商談中に納期や技術に関する想定外の質問を受けた場合、即答できずに会社へ持ち帰って調べてから回答していた。

【解決策】
顧客対応中にスマートデバイスを起動してWeb電話帳にアクセス。ここから「スキル検索」で有識者を検索したり、「プレゼンス」で対応可能者を確認して「電話」や「チャット」、「インスタントメッセージ(IM)」などで必要情報を問合せすることが可能になった。
最適なコミュニケーション手段を利用して短時間で必要な情報を入手、回答できるようになり、顧客満足度も向上した。

導入前 導入後
顧客からの想定外の質問に即答できない場合があった。 最適な相手へ最適な手段でスムーズに連絡を取って、顧客への即時回答が可能になった。

スマートデバイスTV会議ソリューション

開発拠点同士をつなぐWeb会議を開催

【課題】
開発拠点が全国に分散していて、開発会議を開催するには移動時間や旅費など膨大な経費が発生する。スケジュール調整も難しい。

【解決策】
社内Web会議を利用することで、移動時間も交通費もかけずにコミュニケーションをとれる会議を開催できるようになり、移動時間分も業務に充てられるようになった。
「資料共有」機能も利用でき、プロジェクト進行の高効率化と経費削減を同時に実現できた。

導入前 導入後
拠点が分散していて、会議をするには膨大な経費が発生していた。 移動時間も交通費もかけずにコミュニケーションがとれるようになった。

外出先からもWeb会議に出席可能

【課題】
各拠点にテレビ会議システムは導入されているが、要員の外出予定などが多く、会議日程の調整が困難。

【解決策】
スマートデバイスから「Web会議システム」に参加できるようになり、展示会場や車中などテレビ会議端末のない外出先からも会議に参加できるようになった。

導入前 導入後
Web会議を行う場所が固定されていてスケジュールが合わせにくかった。 外出先や出張先など、どこからでもテレビ会議に参加可能になった。

セキュリティ機能

モバイルマネジメントシステムによりセキュアな環境を実現

 本ソリューションでは、SSH(Secure Shell)プロトコルやVPN(Virtual Private Network)の利用により、スマートデバイスからのセキュアな接続を実現しています。
リモートデスクトップでは端末自体に情報を格納しないシンクライアント方式で接続しているため、万が一の端末紛失にも情報流出の心配はありません。
また、モバイルデバイスマネジメントシステム(MDM)を利用することによりスマートデバイスをネットワーク経由で管理・制御できます。
専用アプリケーションによる起動・制御やパスワード制御、遠隔からのデータ消去などに対応し、また機能アプリケーション単位での管理が可能です。

当社のネットワークソリューション

ネットワーク構築技術と高信頼の製品により、先進のソリューションを提供

 当社のネットワークソリューションは、ベースとなるネットワーク基盤構築サービスをはじめ、無線LANソリューションネットワークセキュリティソリューションIPテレフォニーソリューションシステムサポートサービスなど、さまざまなネットワークのニーズに対応するメニューを取りそろえています。
UC3ソリューションのようなコミュニケーションシステムのネットワーク設計には、映像・音声などの通信技術に加え、セキュリティやワイヤレスなど広範にわたった専門知識が必要になります。
当社では、さまざまな分野にわたる専門ネットワークエンジニアが、お客さまのご要望のシステムを設計・構築し、提供いたします。

 UC3ソリューションでは、当社内ラボにて評価・検証を実施したネットワーク製品(主にCisco Systems社の製品群)を用いて、信頼性の高いネットワークを構築します。
多様なデバイスを活用するスマートなコラボレーションをご検討の際は是非、当社までお問い合わせください。

当社のネットワークソリューション



お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。