人財育成

「イノベーションを起こす人財」( 具体的な行動としては「自律(立)意識と責任感を持ち、常に自身の成長と成果を求めチャレンジしている」こと )

これが、日立情報通信エンジニアリングが求める人財像です。
そのために、情報通信ネットワークの基礎知識から最先端技術まで、
エンジニアとして必要な技術・ノウハウの習得を効果的に育成できるプログラムを用意しています。

※当社は「人」が「財産」です。そのため「人材」を「人財」と記しています。

新入社員教育(入社2年間の教育)

「イノベーション人財」の育成をめざしさまざまな視点での基本教育を実施

新入社員教育の実績

※上記は2015年度新入社員教育の実績

キャリアパス(エンジニア)

「数年後の自分はどんな仕事をしているのか?」 「自分のミッションは何か?」「キャリアパスってどうなってんの?」当社には、プログラマーや評価エンジニアといった職種はありません。ソフトウェア開発でもハードウェア開発でも、SEでも、その道のスペシャリストをめざします。

※上記は一般的なキャリアです。