ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

X線フィルムディジタイザCP-X610Mを病院内のDICOMネットワークで運用するためのパソコンシステムです。

写真:X線フィルムディジタイザCP-X610M

DICOM-IET1

フィルム画像とDICOM画像のDICOMサーバ登録

図:DICOM-IET1

DICOM-IET2

フィルム画像とDICOM画像のイメージャ出力

図:DICOM-IET2

DICOM-IET3

フィルム画像とDICOM画像のDICOMサーバ登録
フィルム画像とDICOM画像のイメージャ出力
DICOM画像のメディア(DICOMメディア)の作成

図:DICOM-IET3

DICOMインポート機能(DICOMメディアのインポート)

外部メディアから画像情報を取得し、画像サーバへ登録。
DICOM専用プリンタ(イメージャ)への印刷も可能。

図:DICOMインポート機能

DICOMエクスポート機能(DICOMメディアのエクスポート)

画像サーバから画像情報を取得し、外部メディアに出力。
メディア出力時に簡易ビューアの添付も可能。さらにCD/DVDラベル印刷もサポート。

図:DICOMエクスポート機能

インポート/エクスポート機能は、DICOM規格を利用し、外部メディアの外部情報を画像サーバへ登録、DICOM専用プリンタへの印刷、または画像サーバのDICOMファイルを外部メディアに出力する機能です。

  • * サポート画像の詳細につきましてはお問い合わせください。

自動分割機能

フィルムディジタイザから読み込んだフィルムを複数枚に分割し、分割した画像を同じシリーズの画像データとして画像サーバに登録。

画像:自動分割機能

  • * 画像状態によっては手動分割処理が必要な場合があります。

お勧め用途

持ち込みフィルムの処理

他病院からの紹介患者が持参したフィルムを、デュープ(コピー)したい。
他病院からの紹介患者が持参したフィルムを、DICOMサーバへ登録したい。

持ち込みフィルムの処理

画像:持ち込みフィルムの処理

院内保管フィルムの処理

保管してある大量のフィルムをDICOMサーバへ登録したい。

院内保管フィルムの処理

画像:院内保管フィルムの処理

提案事例

患者情報入力を容易にしたい

画像のDICOMサーバ登録時に患者情報を手入力するのは面倒。RISで管理されている患者情報を利用したい。
→オプション ワークリスト検索機能

RISとの接続環境はないが患者情報入力を容易にしたい。
→オプション ローカル検索機能

ワークリスト検索機能、ローカル検索機能

ワークリスト検索機能はRISから患者情報を検索・取得する機能です。
ローカル検索機能はCSV形式の患者情報ファイルから情報をローカルDBにインポートして、情報を検索・取得する機能です。
検索・取得した患者情報はDICOMサーバ登録時に、画像の情報として利用できます。

フィルムの読み込みだけを先にしたい

先にフィルムの読み込みだけをまとめて行っておき、後からDICOMサーバ登録やイメージャ出力を行いたい。
→仮登録機能

同じ画像データを何度もイメージャ出力したいが、その度にフィルム読み込みを行うのは面倒。
→仮登録機能

仮登録機能

画像:仮登録機能

フィルム画像を一時的にローカルデータベースへ蓄積する機能です。
仮登録した画像データは随時読み出すことが可能。読み出した画像の画質は、フィルムから読み込んだときの画像データと同様に利用できます。

後で整理したい、検索を考慮してシリーズごとに整理したい

クライアントでの画像検索を考慮して、シリーズ毎に画像を整理してからDICOMサーバ登録したい。
→シリーズ構成編集機能

運用(処理)時間を考慮して、後で画像をまとめてDICOMサーバ登録したい。
→画像登録機能

シリーズ構成編集機能

写真:シリーズ構成編集機能

画像データの最終的なシリーズ構成を作成・編集、DICOMサーバへ登録する機能です。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

X線フィルムディジタイザ 製品カタログ