ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

日立IP-PBX対応 Web電話帳ソリューションⅡ - Web電話帳でコミュニケーションを取りやすい環境へ

社内外の連絡先情報をWeb上で一元管理し、コミュニケーションを活性化します。

「Web電話帳ソリューションⅡ」は、サーバーで連絡先情報を一元管理することで、電話業務の効率化や情報漏えいの防止をスマートに実現します。日立IP-PBX「NETTOWER」との連携やメール、トーク、名刺管理などの機能を揃え、コミュニケーションの活性化に貢献します。

Web電話帳ソリューションⅡの概要

主な特長

電話コミュニケーションを効率UP日立IP-PBX(NETTOWER)との連携で電話環境をよりつかいやすく、効率UPします。

日立IP-PBX NETTOWER MX-01/CX-01 V2と連携してWeb電話帳画面からクリックtoコールや着信情報の通知、電話機のプレゼンス(話中の状態)表示など、電話コミュニケーションを効率UPするさまざまな情報を確認できます。

ワンクリックで電話をかける機能

「電話コミュニケーションを効率UP」の概要

メール・トーク機能でコミュニケーション強化電話以外にもメール・トーク機能を利用でき、コミュニケーションをさらに強化します。

電話以外にも、Web電話帳画面からメール・トーク(チャット)の各種コミュニケーションツールを起動できます。プレゼンスを確認して相手が通話中の場合でも、状況に合わせて最適なコミュニケーションツールを選択できます。

「メール・トーク機能でコミュニケーション強化」の概要

お客さまの名刺を会社資産として活用お客さまの名刺写真を顧客電話帳として登録し、会社資産として活用できます。

スマートフォンで撮影した名刺写真をサーバーに登録し、顧客管理できます。データ化によって名刺の整理、検索の手間を省き、サーバーにアップされた名刺は任意のユーザーと共有することができ、お客さまとのコミュニケーションをより円滑にします。

「お客様の名刺を会社資産として活用」の概要

一元管理で情報漏えいを防止個々の端末に電話帳の登録は不要、一元管理で情報漏えいを防止できます。

連絡先情報はサーバー上で管理するため、スマートフォンなどの端末には連絡先を残しません。万一の紛失時も漏えいを防ぎます。また、PC・iPhone®・Android™端末などマルチデバイスに対応します。いつでもどこでも PCと同じ情報をスマートフォンでも閲覧できます。

「一元管理で情報漏えいを防止」の概要

仕様

接続可能なPBX

項目 仕様
対応PBX NETTOWER MX-01(連携できる電話機の最大数 500台)
NETTOWER CX-01 V2(連携できる電話機の最大数 3000台)

クライアントPC仕様

項目 仕様
対応OS Windows 7(Ultimate、Professional 32Bit/64Bit)
Windows 8.1(無印、Pro、Enterprise 32Bit/64Bit)
Windows 10(Home、Pro、Enterprise 32Bit/64Bit)
対応Webブラウザ Internet Explorer Ver 11.0以上
Microsoft Edge 最新版に追従
Google Chrome 最新版に追従
ディスプレイ解像度 1024×768以上推奨

クライアントスマートフォン仕様

項目 仕様
対応OS Android ※対応バージョンは販売店までご確認ください。
iOS ※対応バージョンは販売店までご確認ください。
  • * 製品仕様は改良のため変更することがあります。

Web電話帳ソリューションⅡの製品情報

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。