ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

IPネットワークを利用したデジタル放送映像システムを提案から保守までワンストップで提供

  • 当社製品「UMシリーズ」を用いた放送映像伝送システムが構築可能
主な対象
ケーブルTV局、デジタル放送配信業者
提供形態
ソリューション
価格
お問い合わせください。

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

ソリューションメニュー

視聴エリア拡大ソリューション

視聴エリア拡大にともなう映像伝送設備の増設やアナログ伝送設備の更新を、低価格、かつコンパクトに実現します。

  • 従来のアナログ伝送では、複数の設備で構成されていたヘッドエンド設備を UM7000 1台に集約することにより、構築・運用コストの低減やシステムの信頼性向上が実現できます。
  • ケーブルTV局の連携を目的としたヘッドエンドの増設においても、親局からIPネットワークで送信される放送映像をUM7000で受信することにより、映像送出設備が不要になります。
  • UM7000を冗長構成し、信号切替装置UM7000Cと組み合わせることにより、さらなる高信頼化も可能になります。

 

視聴エリア拡大ソリューション導入前後のイメージ

拠点間映像伝送ソリューション

衛星回線から地上回線への切替や、電波環境の悪い離島や山間部も UM6000/6300 でリアルタイムに伝送します。

(1)衛星回線からの地上回線への切替

  • 衛星から地上に回線を切替ることにより、運用コストを削減できます。
  • 地上回線による伝送は、降雨減衰による放送映像の品質劣化もありません。

衛星回線からの地上回線への切替

(2)電波環境の悪い離島や山間部への伝送

  • 地上デジタル放送の難視聴対策に適用可能です。
  • 地上デジタル放送フレーム構造を変えることなく、映像、音声以外の拡張データもそのまま伝送可能です。
  • GPS時計を利用した送信拠点間の同期動作も可能です。

電波環境の悪い離島や山間部への伝送

(3)地上デジタル放送のバックアップ伝送

  • 地上デジタル放送の演奏所 - 送信所間、また送信所 - 中継局間の無線伝送設備に対する、バックアップ伝送に適用可能です。
  • 伝送帯域の削減機能により、IP回線を効率的に使用します。
  • マスタクロック伝送機能、遅延時間の調整機能により、従属同期SFNの構成が可能です。

地上デジタル放送のバックアップ伝送

関連情報

関連商品

デジタル放送多重化装置 UMシリーズ(UNIMUX)
ケーブルTVシステムなどで用いる放送映像伝送機器や、多重化装置などを提供します。

関連コンテンツ

ICT@ETモノづくりNews
放送と通信の融合・NGN時代の多様な用途にも対応
多重化装置「UMシリーズ(UNIMUX)」

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。