ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

STL/TTL回線をバックアップするためのTS over IP伝送装置です。
従属同期方式のSFN環境にも対応可能です。

UM6000Rの写真

UM6000Rは、MPEG-2 TS over IP伝送機能をベースに、地上デジタル放送のバックアップ伝送に必要な機能を盛り込んだ伝送装置です。IP回線を使用することにより、運用コストを抑え、放送ネットワークの強靭化を実現できます。

主な機能と特長

  • 19インチラックマウント1Uのコンパクトな筐体1台でバックアップ可能です。
  • 送信機としても受信機としても使用可能です。
  • IPマルチキャスト配信を適用した場合、送信機1台に対し、複数台で受信可能です。
  • マスター設備の10MHzに同期したクロックを再生出力可能です。
  • 伝送遅延時間を測定し、一定の遅延時間に設定することが可能です。
  • 効率的な伝送を行うことにより、IP回線の回線使用料などのランニングコストを低減できます。
  • 電源二重化により信頼性を向上しています。

仕様

モデル名 UM6000R
MPEG-2 TSインタフェース ポート数 1  ※初期設定で入出力方向を指定
入出力信号形式 DVB-ASI (EN50083-9)
コネクタ形状 BNC同軸コネクタ (75Ω)
伝送モード 入力ポート:パケット / バーストモード (188 / 204バイト) 
出力ポート:パケットモード (188 / 204バイト)
伝送速度 最大 100Mbps
MPEG-2 TS伝送用ネットワークインタフェース ポート数 1
入出力信号形式 1000Base-T/1000Base-LX/1000Base-SX
コネクタ形状 RJ-45 (1000Base-T) / LC (1000Base-LXまたはSX)
 ※SFPの着脱によりどちらか1つ対応
対応プロトコル RTP / UDP / IPv4 / MPEG-2 TS
伝送速度 最大 1Gbps
伝送方式 マルチキャスト / ユニキャスト
監視・制御用ネットワークインタフェース ポート数 1
信号形式 10Base-T / 100Base-TX
コネクタ形状 RJ-45
対応プロトコル SNMP, TELNET (TCP / IP)
外部クロックインタフェース(GPS) ポート数 1
入出力信号形式 0dBm (終端時)
コネクタ形状 BNC型コネクタ (50Ω)
クロック周波数 10MHz
クロックモニタインタフェース ポート数 1
入出力信号形式 0.8Vp-p (終端時)
コネクタ形状 BNC型コネクタ (75Ω)
外部タイミングインタフェース(1PPS) ポート数 1
入出力信号形式 TTL
コネクタ形状 BNC型コネクタ (75Ω)
タイミング信号周期 1Hz
電源電圧・消費電力 AC100V±10%(50/60Hz) ・ 100W以下(二重化電源)
外形寸法・質量 482(W)×509.7(D)×43.5(H)  mm   ※突起物含まず
8.0kg以下
動作温度 10〜40℃
*
仕様は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。