ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

NA-25CEoneの写真

  • IP-VPN/広域イーサネットサービス対応。
  • 最大17VCに対応。
  • 学習ブリッジ機能内蔵。
  • 多彩なQoS確保手段を搭載。(ToS/Diffserv/VLAN-IDなど)
  • * 受注終了

プロトコルスタック

項目 仕様
レイヤ3 ネットワーク RFC791(IP)
RFC792(ICMP)
レイヤ2 データリング RFC2684/RFC1483(R、B)*
AAL5(TTC標準 JT-I363.5に準拠)*
レイヤ1 物理レイヤ TTC標準 JT-I432.5に準拠 *
*
本装置のサポート範囲
IP:Internet Protocol
ICMP:Internet Control Message Protocol
R:Routed
B:Bridged
AAL5:ATM Adaptation Layer5

ATMインターフェイス

項目 仕様 備考
ATMセル仕様 TTC標準 JT-I361に準拠  
収容ポート数 1回線
ポート種別 25Mインタフェース(RJ-45コネクタ)
通信速度 64/96/100/128/192/
256/300/384/500/
512/768/1000/1500/
1536/2000/2500/
3000/3500/4000/
4500/5000kbit/s
以降24000kbit/sまで1000k間隔
トラフィック制御 トラフィッククラス PCR 各契約VCへのPCR制御を実施。
セル化モード AAL5  
接続形態 制御方式 PVC、CUG  
形態 ポイント−ポイント  
仮想パス/
チャネル数
VP/VC数 17 多重数はUNI上の制約により制限されます。
シェーピング機能 VCシェーピング
1PVC使用時のみOAMセルシェーピング対応
 
線路条件 線種 UTP-3(以上)ストレートケーブル
(3mケーブルを添付)
ケーブル長 90m

LANインタフェース

項目 仕様
電気的条件 IEEE802.3/IEEE802.3uに準拠
論理的条件 10BASE-T、または100BASE-TX
接続コネクタ RJ-45
ケーブル長 最大100m
サポート機能 オートネゴシエーション
カプセルプロトコル
  1. フレーム透過(MACフレーム透過、独自)
  2. LLC-BRG:RFC2684/RFC1483準拠(MACフレーム透過)
  3. LLC-NISO:RFC2684/RFC1483準拠(IPパケット透過)
優先制御機能*1
  1. IPv4-ToS
  2. IPv4-Diffserv
  3. TCP/UDPポート番号
  4. VLAN-ID
  5. VLANタグ内優先度
CLPタギング機能 優先フレーム-CLPマッピング
MTUサイズ 1526バイト(フレーム透過、LLC-BRG時)
1514バイト(LLC-NISO時)
パケット転送能力 約24,000pps
その他 ARP代理応答(LLC-NISO時)
*1
LLC-NISO時は1〜3

保守機能

  1. セルフテスト
  2. アラーム表示機能
  3. ロギング機能
  4. SNMP(標準MIB2サポート、ただしSET機能は未サポート)
  5. 構成情報のアップロード/ダウンロード機能
  6. PVCステータス参照機能

付属品

  1. ATM25M回線ケーブル(8ピン):1本
  2. 取扱説明書(CD-ROM) :1枚
  3. ACアダプタ :1個

設備条件

項目 仕様
電気的条件
  1. 電圧:単相 AC100V±10V
  2. 周波数:50/60Hz±1Hz
  3. 波形:正弦波
消費電力 約5W(約8VA)
周囲条件
  1. 温度:5〜40℃
  2. 湿度:20〜85%RH(ただし、結露なきこと)
外形寸法 約155mm(幅)×約150mm(奥行)×約44mm(高さ)
(高さはゴム足含む)
質量 約0.6kg(ACアダプタ0.3kg含む)

カタログ・取扱説明書

カタログ一覧