ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

お客さまのニーズにお応えする
ストレージ&バックアップ環境をご提案します

多様化するデータや増加の一途をたどるシステムのデータ容量、運用負荷、運用管理コスト・・・。
これらによって生じる課題の解決や多様なニーズにお応えする最適なストレージ&バックアップ環境をご提案します。

画像:こんなお悩み、ご要望にお応えします

特長

ストレージ統合による集中管理

SAN環境を構築して複数サーバのデータを1台のストレージに集約することにより集中管理が可能になり、運用効率の向上とトータルコストの削減を実現します。

  • * SAN
    Storage Area Network。外部記憶装置間や記憶装置とコンピュータの間を結ぶ高速なネットワーク。複数のサーバが連携して一つの機能を提供する場合や一つの大容量記憶装置を複数のサーバで共有する場合に特に有効。

画像:ストレージ統合による集中管理

さまざまなバックアップ環境の構築

業務データの保護を目的としたディスクからディスクへのバックアップ環境はもちろんのこと、長期保管などの目的のためにディスクにバックアップしたデータをさらにテープに保存するバックアップ環境や災害対策を目的とした遠隔地へのバックアップ環境など、さまざまなバックアップ環境の構築が可能です。

画像:さまざまなバックアップ環境の構築

高速なテープバックアップによる安価な災害対策

多彩なRAID構成設定機能により、同時に2組のテープグループにバックアップを行うミラー運用が可能です。このため、現地保管用と別地保管用のテープグループを同時かつ高速に作成することができます。
別地保管用のバックアップテープを遠隔拠点に運び、保管することにより、安価な災害対策(ディザスタリカバリ)運用や長期保存が可能になります。

  • 媒体搬送運用による安価なディザスタリカバリ運用が可能
  • オペレーションミスによるファイル削除やウィルスの脅威からの保護が可能

画像:高速なテープバックアップによる安価な災害対策

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。