ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

膨大な温度データを一元管理!
コストを抑えた高信頼の食品衛生管理を実現します。

  • 冷蔵庫の温度をリアルタイムで監視、異常を検知したら自動的に警報を通知
  • 冷蔵庫の温度履歴は専用ホームページからいつでも閲覧可能
  • 問い合わせは24時間365日対応!ヘルプデスクが運用をサポート

当社では、冷蔵庫の温度収集・温度異常の検知と通知をすべて自動化した温度監視サービスを提供します。人手による温度監視が不要になることにより、人員コストを削減しつつ信頼性の高い食品衛生管理が実現可能となります。

冷蔵庫温度監視サービス概要

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

特長

温度監視の完全自動化

全ての冷蔵庫に温度センサーを設置し、集中管理サーバーに温度データを格納します。集中管理サーバーは収集した温度データを常に監視し、温度異常*1を検知した場合は冷蔵庫管理元の店舗・工場やエリアマネージャーに「どの冷蔵庫に」「どのような異常」が発生したかを警報として通知*2します。 監視を自動化することにより、人員コストの削減・信頼性の高い温度データの収集・温度異常の即時検知と即時対応を実現可能にします。

温度の収集から異常の通知までの自動化イメージ

*1
温度異常の条件は冷蔵庫種別ごとに設定可能
*2
通知手段に関しては、後述する「多彩な警報通知手段」を参照

多彩な警報通知手段

さまざまなお客さまのニーズに応えるために、温度異常の警報は多彩な通知手段をご提供しています。電話・メール・FAXを基本の通知手段とし、お客さまの環境やご要望に応じて別の通知手段もご相談可能です。お客さまの状況に合わせた警報通知で、食品の衛生管理を支援します。

温度・異常情報はいつでも閲覧可能

お客さま向けの温度監視の専用ホームページを提供しており、パソコンやスマートフォンのブラウザからいつでもアクセス可能です。専用ホームページでは冷蔵庫の最新の稼働状況確認・グラフ表示・温度や警報の履歴ダウンロードなどが可能なため、好きな時に必要な情報を取得することができます。

専用ホームページの画面サンプル

ヘルプデスクのサポートは24時間365日

本サービスのお問い合わせ窓口として、24時間365日受付しているヘルプデスクを設置します。いつ問題が発生しても対応が可能なため、安心してサービスをご利用可能です。

サービスの内容

サービス名 内容
温度管理 温度センサを使用して冷蔵庫、ショーケースなどの温度を24時間監視します。
異常警報通知 設定した温度範囲を超える、もしくは温度測定不可の状態になると、電話、メール、FAXで通知をおこないます。
データ保存 温度データを長期間保存し、Webブラウザから最新の稼働状況、温度や警報の過去履歴の閲覧が可能となります。
ヘルプデスク 24時間365日お客さまからの問い合わせに対応します。

導入事例

大型飲食チェーン店様

各店舗の冷蔵庫、ショーケースの温度を自動管理

各店舗の冷蔵庫、ショーケースの温度を24時間監視するシステムを構築しました。

関連情報

飲食店向け冷蔵庫温度管理業務におけるCO2排出削減量の算定事例を紹介します。(PDF形式、約303kB)

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。