ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

モバイル連携で、いつでも、どこでも、その場がワークスペースに。

スマートフォン連携ソリューション

CX-01では、スマートフォンの多彩な端末機能をビジネスに有効活用できる、さまざまなアプリケーションを用意しています。

スマートフォン用内線アプリケーション(Android™搭載端末/iPhone対応)

スマートフォンで内線通話を実現するアプリケーションとして、Android™搭載スマートフォン用とiPhone用を用意*1。社内の無線LAN環境または、3G/LTEパケット回線*2経由で保留や転送などのPBX内線機能が利用できます*3

スマートフォン用内線アプリケーション構成図

発信操作画面例

*1
動作確認端末および、制約事項はこちらをご参照ください。
*2
3G/LTEパケット回線で利用する場合は、当社製スマートフォン内線アダプタが必要になります。
*3
無線LANまたは通信事業者のデータ通信網を使用した電話システムのため、電波状況により音質の劣化や音声の途切れ、通話の切断などが発生する場合があります。また、無線LAN環境での使用と3G/LTEパケット回線での使用を混在する場合は、切替設定操作が必要です。

FMC用電話帳アプリケーション(Android™搭載端末)

FMC用電話帳アプリケーションを利用すると、スマートフォンからWEB電話帳サーバ上の電話帳を閲覧したり、プレゼンス参照機能を利用することができます。また、スマートフォンに電話帳データを登録する必要が無いので常に最新のデータが使え、スマートフォンを紛失したときのセキュリティも向上します。

FMC用電話帳アプリケーション構成図

携帯電話連携ソリューション

FMCサービス対応

CX-01を携帯通信事業者のFMCサービス網と接続すると、オフィスの内線電話と外出先の携帯電話が内線番号で発着信できるFMCサービスを利用できます。定額料金の内線番号による通話を利用することで、通信コストを削減することができます。

FMCサービス対応構成図

モバイルセントレックス

無線LAN携帯デュアル端末を利用して、企業内モバイルセントレックスを構築できます。事業所間を同一内線番号のまま移動できるため、支社や営業所などに出張してもいつもの内線番号が利用できます。また、外出時には携帯電話として利用可能。内線エリアから外れたときは自動的に携帯電話へ転送します。

モバイルセントレックス構成図

PHS連携ソリューション

PHS緊急メッセージ通報システム

緊急時に呼出端末から一斉にメッセージを通報することができます。あらかじめ登録したメッセージ*4を、PHS端末へ5秒以内に送信可能です。メッセージはPHS端末の画面に表示され、着信履歴にも残ります。病院や店舗、工場や駅などさまざまなシーンで活用できます。

*4
メッセージは最大で半角9文字(全角4文字)まで表示できます。

PHS緊急メッセージ通報システム構成図

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。