ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

1. 評価試験サービス

ハード製品の開発や購入品など、規格に沿った製品の確認または、電源ユニットの 動作特性確認など、お客さまの目的に沿った信頼性評価試験を実施します。

受電環境試験

入力電圧変動または短時間停電などを想定した機器仕様の動作を確認します。
AC/DC電圧マージン, 電圧ディップ/短時間停電イミュニティ,
AC入力周波数変動試験など

ノイズ環境試験

規格に沿ったノイズ注入により、ノイズ耐性を確認します。
静電気放電イミュニティ,バースト波雑音イミュニティ,サージ雑音イミュニティ,AC入力ノイズ試験など

温度 /振動環境試験

温度環境試験および振動試験を行い製品の信頼性を確認します。
温度環境試験は、-15℃〜65℃、 湿度95%など各種条件に対応。
振動試験は、JIS規格・MIL規格に準拠した試験が可能。

電源評価試験

電源ユニットの信頼性および安全性の評価試験を行います。
リップルノイズ測定, ディレーティング確認, 温度ドリフト・長時間ドリフト,
過電圧および過電流保護の確認

構成部品の信頼性確認をします。
また、お客さまの目的に沿った評価試験を実施します。

高温・低温試験

各温度条件による温度耐性を確認します。
高温500℃、低温-65℃まで対応。
また各種湿度との組み合わせ試験も可能。

特殊評価試験

電気的特性・機械的特性など各種特性について計測します。
各種環境試験との組み合わせが有効です。

ハード製品や構成部品などの品質確認および断面解析による構造確認などの評価試験をします。

分解・要素確認

長年の評価経験を基に、製品の分解調査を行い、作り込み品質を確認します。
X線による非破壊内部観察にも対応します。

断面解析・分析

ご指定部位の断面解析を行い、構造を確認します。
また、ご指定箇所の成分分析(無機系)を実施します。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。