ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

快適な無線LAN環境を実現するため、調査・設計から構築・運用までトータルにサポートします。

  • 通信効率のよいシームレスな無線LAN製品
  • Fortinet社スペシャリストパートナーである当社ならではのインテグレーションサービスを提供

Fortinet社は、Air Traffic Controlやバーチャルセルを初めとする独自技術を特長としたエンタープライズ向け無線LAN製品メーカーです。
当社はFortinet社製品を用いた無線LANソリューションを、調査・設計から構築、導入、アフターサービスまでトータルに支援します。また、運用後も充実した保守サービスを提供します。
当社はFortinet社よりスペシャリストパートナーとして認定されており、Fortinet社が発信する最新情報をいち早く提供できます。

Fortinet社 無線LAN製品写真

主な対象
一般企業全般および金融機関、教育機関
提供形態
ハードウェア、ソフトウェア、サービス
価格
お問い合わせください。

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Fortinet 社無線LAN製品の主な特長

Fortinet社の無線LAN製品は、さまざまな独自技術により、通信効率のよいシームレスな無線LAN環境を実現します。

  • 無線LAN規格が混在環境でのパフォーマンス改善(Air Traffic Control技術)
  • アクセスポイントの単一チャネル化(バーチャルセル技術)
  • 不正なアクセスポイントの検知と抑止(セキュリティ技術)

無線LAN規格が混在環境でのパフォーマンス改善(Air Traffic Control技術)

一般的な無線LAN製品は、新規格と旧規格の端末が混在する場合、旧規格の性能が影響しパフォーマンスが低下する可能性があります。

Fortinet社の無線LAN製品は、Air Traffic Control技術で、混在環境の問題を解決します。

Air Traffic Control技術で無線LANコントローラが各アクセスポイントを公平に排他制御することにより、CSMA/CAの抱える通信衝突(電波干渉)を最小限に抑え、無線LAN規格が混在環境でのパフォーマンスを改善します。

アクセスポイントの単一チャネル化(バーチャルセル技術)

一般的な無線LAN製品は、複数のアクセスポイントを設置する場合、チャネル間で電波干渉が起きないように設計・構築することがポイントになります。

Fortinet社の無線LAN製品はバーチャルセル技術により、複数のアクセスポイントを一つのアクセスポイントのように見せてチャネル間の電波干渉レスを実現できるため、設計・構築作業の負担低減と、期間短縮に貢献します。

アクセスポイントの単一チャネル化(バーチャルセル技術)
既存のワイヤレスLAN製品チャネルサイジング バーチャルセル技術によるチャネル構成例
既存のワイヤレスLAN製品チャネルサイジング バーチャルセル技術によるチャネル構成例
従来のチャネル設計は電波干渉しないように電波出力を抑えるため、送信出力の調整が必要 バーチャルセル技術は電波干渉しないため、送信出力の調整は不要
アクセスポイントの追加/移動/変更の際、チャネルの再設定が必要 アクセスポイントの追加/移動/変更の際、チャネルの再設定が不要
チャネル間でローミングする チャネルは単一のため、ローミングしない

基本構成例

Fortinet社の無線LAN製品は集中管理方式を採用しているため、最小構成は、無線LANコントローラ1台とアクセスポイント1台になります。

下図は一般企業における構成例です。無線LANコントローラと、IEEE802.1Xによるユーザ認証をおこなうRADIUSサーバを本社に配置して、各拠点のアクセスポイントを集中管理します。各業務エリアにアクセスポイントを設置して、クライアントPC(無線LAN端末)からのワイヤレス通信を実現します。

<メリット>

  1. 分散拠点に配置されたアクセスポイントを集中管理することによる、管理コストの低減
  2. 電波干渉の無い無線環境を実現し、アクセスポイントの増設にも柔軟に対応可能
  3. エンタープライズ向け無線LAN製品の基本である802.1X認証による、セキュリティの確保

製品ラインアップ

カテゴリ

以下の製品カテゴリをクリックすると、Fortinet社の製品概要ページを表示します。

製品に関する問合せ・質問は、当社営業へお問合せください。

インテグレーションサービス

当社は、「調査」「設計」「構築」「運用」の各フェーズにおいて、適切なサービスを提供します。

  1. 調査フェーズでは、導入時に重要となるアクセスポイントの位置決めのためにサイトサーベイ(事前調査)を実施し、外来電波の影響や電波到達箇所を確認、最適な設置場所を見つけます。
  2. 設計フェーズでは、お客さまの環境に適したアクセスポイントの配置設計や、第三者による不正アクセス防止のためのセキュリティ設計、既設インフラに接続するためのネットワーク設計などをおこないます。
  3. 構築フェーズでは、設置後の環境でのサイトサーベイ(事後再調査)を実施し、実運用に問題がないかを確認します。
  4. 運用フェーズでは、充実した保守サービスによってお客さまを支援します。

各フェーズでのサポート内容

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Fortinetロゴ