ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

日立独自の補正アルゴリズムにより、広角・魚眼レンズで撮影した画像を超広視野角画像として全体の自然さを保ちつつ、歪み補正をすることが可能

  • 超広視野角画像(例:水平視野角185度、垂直視野角140度)でも全体の自然さを保ちつつ、各種用途に合わせた 歪み補正処理を行うことが可能
  • リアルタイム歪み補正処理により、監視、車載、内視鏡などの組込み製品で課題となる、表示遅延問題も解決
  • 広角・魚眼レンズの画像歪み補正を適用する各種製品への組込みが可能

魚眼レンズの画像歪み補正の写真

主な対象
監視カメラ、テレビ会議システム、テレビドアホン、工業用内視鏡、車載カメラ、携帯カメラ など
提供形態
受託開発によるIPコア提供またはソフトウェア提供
価格
お問い合わせください

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

主な特長

超広視野角画像出力を実現

広角・魚眼レンズで撮影した画像を、水平/垂直視野角185度程度でも、より自然な形で全体を1つのモニタ画面へ出力することが可能です。魚眼カメラの光軸を水平に設置した場合、歪み補正パラメータを切り替えるだけで、用途に合わせた画像に補正できます。

<応用例>

応用例

補正領域の指定不要で手間要らず

補正後の画像全体を1つのモニタ画面へ出力できるので、従来のように、画像の一部を指定して補正する手間や視点位置変更、画面切り替えのためのマウス操作などが不要になります。

従来技術における広角・魚眼レンズの画像歪み補正後の参照方法

従来技術では補正範囲が限られているため、魚眼画像を区切って補正を実施。補正画像の参照方法はPTZ*操作か複数の補正画像をソフト処理で合成させる作業が必要。
すなわち、出力結果や表示方法は広角レンズを利用した場合と同じ手間になってしまう。

従来の魚眼レンズ歪み補正後の参照方法

*
PTZ(視野制御):参照範囲を変更するために、カメラのレンズの向きを変えること。Pはpan(パン)、Panoramic Viewの略。カメラレンズを水平方向に回転させること。Tはtilt(ティルト、チルト)の略で、カメラレンズを垂直方向に首振りさせること。Zはzoom(ズーム)の略で、レンズ群の位置関係を変えることにより、映像を拡大・縮小すること。

より自然な平面画像へリアルタイム補正

画像中央部と周辺部の見た目差(画像ボケ、ゆがみ(歪曲収差))を少なくし、より自然な画像をリアルタイムに補正することに成功しました。

フルハイビジョン画像を出力

最大画像処理画素数1920x1080までサポートしています。

お客さまの製品、画像の特徴に合わせたカスタマイズに対応

お客さまの開発内容や画像の種類、接続インタフェースなど、ご要求に合わせた形で提供方法をお選びいただけます(例:IPコア、PCおよびDSP上のソフトウェアなど)

論理IPコア お客さま組込みポートへFPGA、ASIC化しカメラに内蔵 ソフトウェア PCなどのCPU/GPUプログラムとして実装

高画質化、独自補間技術による高画質化も併せて提供可能(オプション)

日立独自の高画質化技術により、小画素画像から精細感のある美しい鮮明な画像へ変換します。
画像拡大によりぼやけた画像を独自の「鮮鋭化」処理によって、拡大後でも輪郭が滑らか、かつシャープで鮮明な 美しい高画質画像へ変換します。

高画質化、XY8倍(面積64倍)の画質比較例

広角・魚眼レンズの活用効果と当社歪み補正技術組み合わせによる効果

広角・魚眼レンズの活用効果と当社歪み補正技術組み合わせによる効果⇒当社の技術で広角・魚眼レンズの画像特性を最大限に活かした

適用事例

監視カメラ

広角・魚眼レンズの画像歪み補正を採用した場合の特長:

  • 広視野角撮影が可能なので、人と物の位置関係や流動把握が容易です。
  • 広角レンズの場合には複数台の監視カメラが必要であったエリアを、本技術を搭載した監視カメラでは1台でカバーすることが可能で、設備機器の導入費用やメンテナンスコスト大幅に削減することが可能です。

当社技術の特長:

監視カメラの設置位置や用途によって、魚眼レンズの補正パラメータを設定・変更し、より自然な映像として表示することが可能です。

監視カメラの監視例

工業用内視鏡など

広角・魚眼レンズの画像歪み補正を採用した場合の特長:

  • 管の内壁を撮影する場合、カメラが管に対し水平でなくとも、広範囲に壁面を検査することができ、側壁検査の効率を向上させます。

当社技術の特長:

  • 奥行きなどの距離感覚を保持したまま、内視鏡で撮影した画像を補正することが可能です。

工業用内視鏡などの補正例

テレビ会議システム

広角・魚眼レンズの画像歪み補正を採用した場合の特長:

  • カメラ1台で広範囲での撮影ができ、PTZ操作が不要になります。

当社技術の特長:

  • 表示された会議メンバーの表情や視線の方向なども自然な形で表示でき、遅延のないスムーズな会議環境ができます。

テレビ会議システムの補正例

テレビドアホン

広角・魚眼レンズの画像歪み補正:

  • ドアの前に立つ人物や荷物、物陰に隠れている人物の有無なども確認することができ、セキュリティ対策に有効です。

当社技術の特長:

  • 従来技術のように、撮影された画像の一部を切り出し処理するのではなく、ほぼ全ての領域を補正することが可能なので、広角・魚眼レンズの画像特性を最大限に活かします。

テレビドアホンの補正例

車載カメラ(フロントビュー/バックビュー)

広角・魚眼レンズの画像歪み補正を採用した場合の特長:

  • 外部の景色が広範囲に参照できるようになり、駐停車における周囲の障害物有無確認や巻き込み防止などに効果があります。

当社技術の特長:

広角・魚眼レンズの画像歪み補正で撮影した画像を、水平/垂直視野角185度程度でも、より自然な形で全体を1つのモニタ画面へ出力することが可能です。魚眼カメラの光軸を水平に設置した場合でも、歪み補正パラメータを切り替えるだけで、用途に合わせた画像に補正できます。

<補正例>

  • 水平視野角を185度に補正:広視野角を自然な形で表示(フロントビュー)
  • 垂直視野角を185度に補正:路面を自然な形で表示(バックビュー)

車載カメラ(フロントビュー/バックビュー)の補正例

車載カメラ(車内モニター)

広角・魚眼レンズの画像歪み補正を採用した場合の特長:

  • 1台の広角・魚眼レンズカメラで車内の様子や搭乗者の持ち物などが一望できます。
  • タクシーやバスなどの保安カメラとして有効です。

当社技術の特長:

  • 自然な形で補正できるため、人物や物の形状、位置がより明確に把握できます。

車載カメラ(車内モニター)の補正例

携帯カメラ

広角・魚眼レンズの画像歪み補正を採用した場合の特長:

  • 腕を伸ばした程度の短い距離でも複数人を入れた撮影が可能となります。

当社技術の特長:

  • 撮影された画像を違和感のない写真データとして表示します。

携帯カメラの補正例

主な仕様

項目 仕様・性能
広角・魚眼レンズの画像歪み補正機能 魚眼画像を広域エリアが一望できる超広視野角画像に低遅延で補正
・補正領域の指定不要(PC操作無し)
・画像遅延=0.5フレーム(ハード処理の場合)
補正後画像の視野角 水平補正モード:水平視野角185度、垂直視野角140度
垂直補正モード:水平視野角140度、垂直視野角185度

但し、用途によって補正範囲の調整は可能です。
出力画面サイズ 640×480(VGA)〜1920×1080(HD)
最大フレーム数 HD:60フレーム/秒
補間方式 バイキュービック演算
処理方式 パラレルパイプライン・ハード処理
評価キット提供 納期や詳細については別途ご相談ください。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。