ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

装置の概要

写真:デュアルコードリーダ
デュアルコードリーダ

本装置はROMディスクのIDコードとBCAコードを高速同時読み取りし、整合性をチェックするものです。
2層ディスクのバーコードも読み取り可能です。(DVD-ROM)

特長

  • ラインセンサカメラを使用しており、高解像度イメージデータが取得可能。
  • イメージデータからバイナリデータへ変換し、BCAコードとバーコードの同時み取りが可能。
  • 自動検査は容易なオペレーションで利用可能。
  • 検査結果をビジュアル表示。
  • 専用スピンドルと専用読取機構による高速で検査。(約0.5秒/枚)
  • 小型、省スペースでディスク製造ライン内への組み込みが容易。

一括同時読み取りの方法

LED照明を同軸照明として使用し、ディスクのBCA領域、IDコード部の画像を取り込みます。カメラはラインセンサカメラを使い、ディスクを回転することで、2次元の画像を取得します。2層ディスクの場合は取り込み画像のイメージは下記のようになります。

外周からBCAコード、次に1層目のIDコード/文字 層、さらに内周に2層目のIDコード/文字層という構造になります。    

写真:デュアルコードリーダー

画像処理

画像の取り込みと処理は並列処理しています。このため、基本的な画像処理はディスクが1周すると完了します。

主な仕様

主な仕様
項目 仕様
対象ディスク CD、DVD-ROM、BD-ROM
読み取りIDコード Code39,Code128,Code25Interleaved等任意対応可能
読み取りBCAコード DVD、BD
ディスク吸着機構 エアー吸着
電源電圧 単相100V−120V or 200V−240V 50/60Hz
外形寸法 230mm(W)× 156mm(D)× 370mm(H)
本体重量 約12kg

※別途コントロール用PCが必要

関連ソリューション

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

関連リンク