ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

プロジェクトRev管理とファイルトラッキング機能を実現したファイル管理システム

  • 設計ファイルの一元管理
  • 差分情報記憶による小容量化
  • タグファイルによるプロジェクトRev集中管理

論理記述ファイルなどの変更にあわせて自動的に「履歴」を残します。これにより、分割統合、合成、チップ化する際のVer./Rev.誤りによるチップの再製や再インプリによるロスを防止することが可能です。
また、設計履歴を確認する場合も、どこにある、どういう名前の、どのVer./Rev.のファイルを使ったか、などが調査可能になります。

主な対象
LSI開発メーカー
提供形態
ソフトウェア
価格
お問い合わせください。
ETOM(イートモ):EDA Tool Management Revision Control System

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

導入効果

  • 変更履歴において全世代のデータが一元管理できるため、管理が分散しません。
  • 特定のプロジェクトRevを構成する個々のファイル名にRev情報を付加し、タグファイルで集中管理するため、容易に特定プロジェクトRevの復活や分析、再現などができます。

主な特長

高度なファイル管理

高度なファイル管理

  • 設計ファイルの一元管理
    • 設計ファイルはマスタファイルとして全世代のデータが一元管理できるため管理が分散しません。
  • 差分情報記憶による小容量化
    • 設計ファイルはETOMマスタファイル上に世代間の差分情報に圧縮して蓄積されるため、ディスクスペースの有効利用が図れます。
  • タグファイルによるプロジェクトRev集中管理
    • 設計ファイルは特定のプロジェクトRevを構成する個々のファイル名にRevを付けて、タグファイルで集中管理されます。 このため、特定の製品Revの復活や分析、再現などが容易になります。当社の品質管理システム(BUMAS)と連動したファイルRev管理も可能です。
  • 画期的なファイルトラッキング機能
    • 生成されたファイルから、元になったファイルや作成パラメータ、制約条件などの情報を格納したファイルの名称とRevを求めることができる独自のファイルトラッキング機能を組み込んでいます。これにより最終生成物までの利用ファイルや条件の正当性が確認でき、不良解析工数・期間の大幅な改善が可能です。
  • マルチベンダ対応
    • FPGAでは図形やテキスト入力環境、各社論理合成ソフト、各FPGAベンダ製配置・配線ソフトに対応したシステムを用意しています。
      またLSI向けについてはカスタマイズサービスも用意しています。

提供物・サービス

システム

システム
ETOM for FPGA基本パッケージ ETOMソフトウェアタイムベース・サイトライセンス、オンラインマニュアル一式

サービス

サービス
保守サービス(年間契約) メジャーアップグレードおよびコンサルティングまたはメールベースQ&A
カスタマイズ&コンサルティングサービス 別途有償にて承ります

関連商品

電子装置設計向け品質管理システム BUMAS
Webベースで品質管理に必要な情報を入力し、データベースで一元管理できます。蓄積した情報を一覧形式で参照でき、進捗状況をビジュアルに確認できます。BUMASの品質管理ファイルも本システムと連携してRev管理することができます。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。