ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

各種サービスやシステムとの連携により電話以外のコミュニケーションもサポート

各通信事業者のサービスに対応

ひかり電話/IP電話サービスへの対応

全国一律料金でコスト削減

固定電話事業者が提供しているIP電話サービスをアダプタなしで利用することができます。同一事業者内の無料通話や格安な料金体系でコスト削減に効果を発揮します。

利用可能なサービス

  • NTT東日本、NTT西日本:ひかり電話、ひかり電話A(エース)、ひかり電話オフィスタイプ、ひかり電話オフィスA(エース)
  • 楽天コミュニケーションズ:FUSION IP-Phone
  • KDDI:KDDI-IPフォン、KDDI光ダイレクト
  • NTTコミュニケーションズ:Arcstar IP Voice

FMCサービスへの対応

携帯電話の内線サービスに対応

携帯電話会社が提供している内線サービスに対応しており、オフィスの内線と携帯電話・PHSが内線番号で発着信できます。

利用可能なサービス

  • KDDI:ビジネスコールダイレクト
  • NTTドコモ:オフィスリンク

IPネットワークでコスト削減と業務の効率向上

拠点間接続

拠点間で内線通話が可能

各拠点のS-integralをIPネットワークで接続することにより、他拠点の内線を呼び出したり、他拠点の主装置から外線発信したりすることができます。

拠点間接続概要:A拠点のS-integralとB拠点のS-integralをIP網で接続→A拠点の電話機(内線101、内線102…)とB拠点の電話機(内線201、内線202…)の間で内線通話が可能に

IP内線

音声と映像でコミュニケーション

LANを使用した内線電話網を構築することができます。大形LCD付IP電話機や多機能電話アプリケーションをインストールしたスマートフォンを使用することで、最大4者の内線ビデオ会議ができます。また、ネットワークカメラやIPカメラドアホンの映像を表示したり、カメラ動作を制御することも可能です。

IP内線概要:最大4者の内線ビデオ会議が可能

日常業務に役立つ便利機能

チャイムタイマー

チャイムタイマー概要:電話機や外部スピーカーからチャイム音やメロディを送出して始業/終業時間をお知らせ

始業/終業時間をチャイムでお知らせ

電話機や外部スピーカーからチャイム音やメロディを送出します。

会議通話

会議通話概要:最大32者の電話会議が可能

電話会議で移動コストを削減

最大32者の電話会議を行うことができます。また、内線や外線から会議通話に参加することができます。

業務システム・機器との連携

スタッフコールシステム

コストパフォーマンスに優れた介護施設向け呼び出しシステム

居室内のインターホンから、館内のスタッフが持つPHSを呼び出すことができます。夜間、スタッフが常駐していない場合には、あらかじめ登録してある外部委託先や携帯電話に転送することもできます。

スタッフコールシステム概要:[昼間]居室内の埋込型インターホンやハンディコール(※ナカヨ電子サービス株式会社製)から館内のスタッフが持つPHSを呼び出し、応答した相手と通話。居室の廊下側に設置した廊下灯や集合廊下灯(※ナカヨ電子サービス株式会社製)と連動させることも可能。[夜間]居室からの呼び出しをあらかじめ登録してある外部委託先や携帯電話に転送。不応答の場合は次の連絡先に転送。最大3か所まで追っかけ転送。「○○ハウスの△△室の□□さんから電話です」(※事前に録音しておいた音声内線名称を送出。)

緊急用インターホンとしての利用:学校・公共施設・スポーツ施設のトイレや更衣室などからスタッフコールシステムの埋込型インターホンを呼び出し→インターホンから応答「どうなさいましたか?」

学校・公共施設・スポーツ施設のトイレや更衣室などでの、緊急用インターホンとして利用することも可能です。

ナースコール連動

病院用呼び出しシステム

ナースコールシステムと連動し、病室のナースコール子機から、看護師が持つPHSを呼び出すことができます。

ナースコール連動の概要:病室のナースコール用子機からナースステーションに設置されたナースコール制御機を通じ、看護師が持つナースコール用PHSを呼び出し→PHSから応答「○○さん、どうしました?」

ホテルシステム

多彩な機能をコンパクトな操作台に集約

チェックイン・チェックアウト、モーニングコール、客室状態管理、各種料金管理など、小規模ホテルの業務に必要な機能をコンパクトに集約。シンプルな操作性と各種端末との連携機能でお客さまへのサービス向上と業務効率の向上をサポートします。

ホテルシステム概要:フロント、客室、バックオフィス、館内などに設置されたさまざまな端末と連携

CTI(Computer Telephony Integration)

顧客管理システムと連動して効率向上

既存のデータベースや市販の顧客管理アプリケーションとの連動により、電話の発着信を業務と連携させることができます。

CTI(Computer Telephony Integration)概要:電話の発着信情報を顧客データベースに取り込み→顧客データベースから顧客情報として利用

構内放送装置との連動

構内放送装置との連動:電話機で構内放送装置を起動して一斉放送

電話機で一斉放送

電話機の操作で構内放送装置を起動して、一斉放送をすることができます。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

ヒアリングエイド対応

S-integralの標準電話機は、誘導コイル付補聴器をお使いの方が聞きやすいヒアリングエイド対応です。