ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

ビジネスホン integral-F―機能 Fit― 外出時や夜間の不在時も頼れる機能

留守録

部署ごとなど、状況に応じて録音方法を選択可能。

部署ごとに、設定/解除したり、応答メッセージの内容を選択することができます。連続再生する場合に有効な、時短再生機能(1.4倍速/2倍速)を搭載しています。

※応答メッセージは、固定メッセージ以外にオリジナルメッセージを録音して使用することもできます。

転送電話

多彩な転送方法で、大事な電話をしっかり接続。

状況に応じて使い分けられる、さまざまな転送機能を備えています。電話会社の転送サービスと異なり、月々の利用料は必要ありません。
モバイルアシスト機能との併用により、発信元の電話番号を表示することができます*1

※着信した回線以外に1回線(チャネル)必要です

■1か所転送

出張所やサテライトオフィスなどで誰もいなくなってしまう場合、転送先を本社に設定しておけば、かかってきた電話を本社で受けられます。

※着信した回線以外に1回線(チャネル)必要です

■追っかけ転送

1か所を呼び出し、応答がなければ別の相手に転送します。

※着信した回線以外に2回線(チャネル)必要です。

■ツイン転送

2か所の転送先を同時に呼び出し、先に応答した方と接続します。

*1
表示可能な電話機は、モバイルアシスト用アプリケーションをインストールしたAndroidTMスマートフォンです。

その他の対応方法

そのほかにも、多彩な対応方法を選択可能。

■応答専用メッセージ

不在時の着信に対して、用件を録音しないで応答専用メッセージを流すことができます。固定 メッセージ以外にオリジナルメッセージを録音して使用することもできます。

■発信者による選択

主装置が自動応答して、発信者に「お急ぎの方は1をダイヤルしてください。担当者に転送し ます。翌営業日でよい場合には2をダイヤルしてください。…」と音声ガイダンスで案内します。

■留守録+転送電話

外線が着信すると転送電話を起動し、留守録を開始します。転送された側では留守録の内容を 聞くことができます。内容を確認後、発信者と通話することもできます。

部門ごとに昼夜切替

マニュアル切替とタイマーによる自動切替のふた通りに対応。

ボタンや画面操作によって設定を切り替える方法と、曜日や日付と時間をあらかじめ設定して自動切替する方法を選ぶことができます。

部門ごとに昼夜切替

ボイスメモ

メモ代わりの通話録音から保存管理まで、多彩なニーズに対応。

■留守録機能

夜間や休日など不在時の着信は、主装置のメモリーに録音しておくことができます。同時に複数の回線に着信しても対応できます。録音した着信をディスプレイに一覧表示し、選択して再生することができます。

留守録機能

パソコンによる音声データ保存

■パソコンによる音声データ保存

録音した内容を専用アプリケーションによりパソコンに保存し、管理や再生が行えます。

通話録音機能

■通話録音機能

お客さまとの大切な会話を通話録音して保存することができます。不在者への伝言は、その不在者の個人ボックスに保存できます。

通話録音アナウンス
通話開始時に、録音を予告するメッセージを自動送出することができます。
戻って録音
「今の通話内容を録音しておけばよかった」というときでも大丈夫。
ワンタッチ操作で、通話の開始時までさかのぼって録音できます。

■ボイスメモの仕様

ボイスメモの仕様

録音通知機能

■録音通知機能

不在中、お客さまからの着信を録音すると、指定のスマートフォンや携帯電話などにメールまたは電話で通知します。

音声合成音による応答メッセージ

■音声合成音による応答メッセージ

市販の音声合成アプリケーションで作成した音声データを、専用アプリケーションで留守録などの応答メッセージに取り込むことができます。

節電モード

業務時間外や停電時には、使用しない電話への給電を停止。

業務時間外には使用しない電話機への給電を停止して、消費電力を抑えることができます。また、停電時にバッテリー駆動状態になった際は、使用しない電話への給電を停止してバッテリーの電力消費を抑えることができます。

節電モードでの消費電力イメージ

integral-F 電話機ラインアップ

サイズや使い方に応じて選べる豊富なラインアップをご用意

integral-F

オフィスの規模もさまざまなら、仕事内容もさまざま。
多くの用途にきっちり応えるラインアップで、あなたのオフィスにも最適な一台が必ず見つかります。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

ヒアリングエイド対応

integral-Fの標準電話機は、誘導コイル付補聴器をお使いの方が聞きやすいヒアリングエイド対応です。