ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

ランダムパターン生成ツール

論理回路の操作シナリオに合わせた乱数によるテストデータ生成ツール

LSIやFPGAの論理回路の操作シナリオに合わせた乱数を利用してテストデータを生成します。

生成した大量のテストデータは、FPGAボードや実機での高速検証にも使用可能です。

SoC向け、画像コア向けおよび個別インタフェースにカスタマイズします。

関連製品

検証用モデルの作成

狙い撃ちテストパターンを利用したパターン発生モデル

お客様の入力パターンをベースにデータ・アドレスなどの可変部を任意にランダム化して 入力パターンの組み合わせを増幅します。
また、機能レベル(ニーモニック表示など)のトランザクタ、結果表示や、論理の状態遷移チェックなど、検証効率化に特化した機能を持つモデリングにより、お客様の検証作業がより効率よく実現可能となります。

入力パケット生成モデルの例

入力パケット生成モデルの例

シミュレーションジョブ自動実行環境

テスト項目表からのジョブスケジューリングと進捗管理のビジュアル化

テスト自動化の環境を構築し、ジョブ管理および結果管理を容易にします。

  • テスト項目表に実行指示することで自動実行およびテスト項目表に結果反映
  • テスト実行状況の進捗を表示

Test Result Checker(結果・期待値比較)を搭載するシミュレーション環境を構築した後に、テストデータ生成から結果レポート出力の検証サイクルを自動化します。
この検証環境をもとに、夜間・休日なども目的のテストを進められる「自動運転の推進」を行うことが重要です。
システム検証では、HTTP等のクライアント/サーバシステムを稼動し、Webベースのテスト自動化システムの構築が実現します。
また、Webからテスト実行状況が確認可能となります。

テスト自動化の推進

テスト自動化の推進

プロトタイピングレベル連動テスト環境

ソフトウェアが実行可能な大規模プロトタイピングの構築

ソフトウェアデバッグ用のPC(ICE利用)とFPGAボードの連携により、ファームウェアを用いた論理検証・評価の環境を構築します。このデバッグ環境により、ハードウェアとソフトウェアの協調による論理検証を実現します。

ソフトウェアが実行可能な拡張基板を利用した大規模プロトタイピングを実現例

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。