ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

モジュール方式の採用により、運用に合わせたさまざまな構成が可能です

構成例のイメージ

デュアルインタフェース(オプション)

デュアルインタフェースのイメージ

TDM方式とIP方式のデュアルインタフェースを備えています。ディーリングルーム構築時の環境や導入予算に合わせて、接続パターンをお選びください。また、将来の機能拡張のためにUSBインタフェースも備えています。

選べる3つの接続パターン

  • TDM方式
  • IP方式(一重化or二重化)
  • IP方式とTDM方式での冗長化

例えば、ディーリングルームはTDM方式、BCP(緊急時事業継続計画)としての分散ディーリングルームやバックアップディーリングルームはIP方式とするなど、混在して構築できることが特長です。

5段階角度調整機能

5段階角度調整機能のイメージ

操作のしやすい角度、液晶画面の見やすい角度などを、5段階で調整できます。さらに、パソコンのキーボード用にタレット前面の高さも調整できます。

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。