ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

瞬時に認証し、スムーズな出入りが可能

非接触ICカードだからスムーズ

非接触ICカードを使用した入室イメージのイラスト

認証には電波で通信する非接触ICカードを使用するため、カードをカードリーダにかざすだけの操作で手間を煩わせません。
パスケースやカードホルダーに入れたままでも認証が可能です。(*1)
磨耗による劣化がないため、経年使用によって読み取りが悪くなることもありません。

照合判定機能が瞬時だからスムーズ

認証はコントローラが備える照合判定機能で、最大となる30万人の利用者であっても瞬時に行い応答するため、入退管理を行っていない場合と変わらないスピード感で出入りできます。(*2)

*1
読取距離は周囲の環境、非接触ICカードの製品仕様により異なります。
*2
応答速度は非接触ICカードの製品仕様により異なる場合があります。

大規模・分散拠点も一元管理可能

大規模対応

データベースの分散統合機能により、最大利者数:30万人分(30万ICカード)、最大ドア数(*1):4096ドアの大規模構成が可能です。これにより系列会社をまとめた統合管理や、パート・アルバイト、繁忙期による入場者の増加や、来客用までカバーできます。また、一時的に新旧両カードの登録が必要となるICカード更新時にも、10万人規模でも一括でICカード更新が可能です。

*1
入口側のみにカードリーダを設置した場合のドア数です。出入口両側にカードリーダを設置した場合は、ドア数が2048ドアになります。

全国に分散した拠点も一元管理可能

ネットワークを介して全国300拠点以上を一元管理するシステムも実績があります。

全国に分散した拠点を一元管理可能するイメージ図

周辺環境の障害時を考えた安心設計

ネットワークや入退管理サーバがダウンしてもスタンドアロンで動作可能

コントローラに非接触ICカードの照合判定機能や、電気錠制御機能、動作記録を一時的に蓄積できる機能を備えているため、ネットワークやサーバが停止してもスタンドアロンで動作し、入退管理を継続できます。

スタンドアロンで動作するイメージ図

停電しても利用者情報や設定情報を保持

停電になってもコントローラに登録された利用者情報や設定情報は保持されるため、復電後はすぐに入退管理を再開でき、影響を最小限に抑えます。

豊富な機能を備える管理ソフト

きめ細かな許可権限の設定が可能

所属や業務内容、役職などによって、エリアや時間帯といった許可範囲を許可グループとして設定し、各利用者に適した許可グループをその人の非接触ICカードに割り当てることで、それぞれの利用者に適した許可権限を与えることができまます。

きめ細かな権限設定の例

多様な集計パターンや条件設定でやりたい集計を実行可能

多様な集計パターン、集計条件設定機能を備え、入退履歴などの集計をお客さまが欲しい内容に絞り込みや並び替えすることができます。
集計条件は登録することができ、一覧から簡単に選択できますので、定期的に実行する集計に便利です。

集計パターン、集計条件設定の画面例

さまざまなセキュリティポリシーに対応

お客さまのセキュリティポリシーに合わせて、利用者やエリアに応じた認証方式をフレキシブルに設定できます。

セキュリティレベルに合わせた豊富な認証方式

  • 非接触ICカード、指静脈、非接触ICカード+指静脈、テンキー(個人番号)+指静脈、非接触ICカード+テンキー(パスワード)の5種類を選択可能
  • 利用者やエリアに合わせた認証方式をフレキシブルに設定可能

指静脈データ管理は日立指静脈認証システムと連携

  • 複数の日立指静脈認証製品を導入する場合でも指静脈データの登録はー度で可能
    日立指静脈認証システムと連携して指静脈データを取り込みます。

セキュリティレベルをスケジュール設定

  • ドアごとにセキュリティレベルを設定できるスケジュール機能
  • 場所、時間帯に合わせて認証方式を変えることが可能

セキュリティレベルをスケジュール設定

お問い合わせ

資料請求・お見積もり・ご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。