ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立情報通信エンジニアリング

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、営業窓口からご確認ください。

2018年9月28日
株式会社 日立情報通信エンジニアリング

日立情報通信エンジニアリングが
「健康経営優良法人2018 大規模法人部門(ホワイト500)」に認定

健康経営優良法人2018 大規模法人部門(ホワイト500)のロゴマーク

経済産業省と日本健康会議が共同で実施する健康経営優良法人認定制度において、当社が「健康経営優良法人2018 大規模法人部門(ホワイト500)」に認定されました。
健康経営優良法人認定制度とは、日本健康会議が進める健康増進の取り組みなどをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
この制度では「経営理念・方針」「組織体制」「制度・施策実行」「評価・改善」「法令遵守」の5つの観点から、「従業員の健康に関する取り組み」が経営基盤から現場施策まで連動・連携しているかを調査・評価されます。
経済産業省は健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」し、その法人が社会的に評価される環境を整備することを目指しており、認定法人はこれにより「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会から認識され、従業員や求職者、関係企業などからの信頼を更に高めることが期待されています。

当社では健康で活力ある働き方の実現をめざす「健康経営」の推進に向け、労働時間の適正化、ワーク・ライフ・マネジメントの強化など、仕事とプライベートの充実を図る「働き方改革」を総合的に進めています。
その中で「安全と健康を守ることは全てに優先する」という日立グループ安全衛生ポリシーに基づき、従業員の健康の維持・増進を支援するため、日立健康保険組合と連携し、ウォーキングプログラムやダイエットプログラムの実施を行い、疾病の予防・重症化対策に取り組んでいます。さらに、健康診断の完全実施や健診結果の内容から、就業上配慮が必要な従業員の体調悪化防止のために就業制限措置を設けるなどの事後措置の徹底、ストレスチェックをはじめとするメンタルヘルス対策も推進しています。
今後も当社では、従業員の心身の健康が企業活動の源泉であると考え、従業員が健康で活き活きと働ける職場環境や風土作りを推進し、従業員一人ひとりの成長と会社の発展に向け、「健康経営」・「働き方改革」の施策に積極的に取り組んでいきます。

問い合わせ先

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

お客さまお問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング  経営マネジメント本部 人事勤労部 [担当: 雨宮]
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22階
電話: 045-227-3000

報道機関お問い合わせ先

株式会社 日立情報通信エンジニアリング  経営・事業企画本部 企画部 [担当: 中村]
〒220-6122 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号 クイーンズタワーB 22階
電話: 050-3163-5726 (直通)